ピックアップ

奥渋にあるコンセプト書店「SPBS」で『ナシレマ!』本、販売中

Selling Nasi Lemak book at book store in Shibuya, Tokyo 

 渋谷・東急本店 Bunkamura(文化村)からつづく道。ここは、お洒落なレストランや個性的なショップが並ぶ“奥渋”とよばれるエリア。この町にある書店「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(シブヤ パブリッシング アンド ブックセラーズ/略称:SPBS)」で、ナシレマッ!の本を販売していただいています。

世界の人々の生活が感じられる世界のごはん本のコーナーに『ナシレマッ』本! 書店「SPBS」は、奥渋の文化発信の拠点として、アーティストや食関係者の人々に親しまれている  

 場所は、渋谷の映画館アップリンクから、5分ほど歩いて左手。ちょうど、2018年1月20日~26日は、アップリンクにてマレーシア映画の名作タレンタイムが上映されるので、タレンタイムを観終わったら、ぜひ足をのばして、書店をのぞいてみてください。

 渋谷の書店にナシレマッ!本を置いていただけるなんて!感激です。どうぞ、皆さまの手にナシレマッ本がとどきますように。SPBSは、カルチャー好き・ごはん好きにとってはワクワクする書籍のオンパレードなので、ぜひのぞいてみてください。

関連記事

  1. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  2. おいしいの3つの要素。サイエンス・カルチャー・ノスタルジック
  3. ナシレマッ完成写真とドリアン感想の紹介。8月30日・常夏の国マレ…
  4. 「多民族国家マレーシアにおけるアートプロジェクト」F/Tトーク …
  5. 更新。マレーシア料理店、ネット販売など営業状況まとめ(5日26日…
  6. サンバルのレシピ
  7. マレーシアのホテル朝食が美味&安い。ナシレマッにお粥、麺まで驚き…
  8. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. クエゴヤン
  2. ヤムケーキ
  3. チュクドゥ
  4. バフル
  5. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  6. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! もちもち皮×濃厚ドリアンの相性抜群
  7. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  8. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  9. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  10. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。