「マレーチャン」(池袋)に新メニュー!さらに、元国民的アイドルの福田明日香さんがアンバサダーに就任 MALAYCHAN at Tokyo just offered TEMPE menu.

このたび、池袋のマレーシア料理店「マレーチャン satu(1号店)」と「キッチンマレーチャン」に、テンペのメニューとドリンク100PLUSが登場します!

「マレーチャン」の新しいテンペメニューを試食する福田明日香さん。エスニック料理が大好きで、とくにテンペはヘルシーフードとして注目しているのだそう!

 テンペとは、マレーシアやインドネシアでよく食べられているヘルシーフード。ゆで大豆の皮をひとつひとつていねいに剥き、テンペ菌をつけたら、適温で保存。真っ白なふわふわのガーゼのような菌に包まれたら完成です。納豆と同じ大豆の発酵食品で、植物性たんぱく質を豊富にふくみ、抗酸化作用にすぐれているため、最近ではスーパーフードとして、日本でも人気が高まっています。

  納豆ほど匂いが強くないので、揚げたり、煮こんだり、といろんな調理に使えるのが嬉しいところ。マレーシア現地では、煮干しとサンバルで炒めてご飯のおかずにしたり、油で揚げて煎餅状にしておやつにしたり。朝市でもよく売られている、おなじみの食材です。

 今回マレーチャンsatuで登場するのは、この3種のセットメニュー。とくに、テンペ揚げチーズ春巻がおすすめです!

左より、テンペドライカレー(ご飯つき)、テンペ揚げチーズ春巻き、テンペたっぷり野菜炒め。「テンペ3種盛り合わせセットメニュー」1980円(税別)

 

キッチンマレーチャン」でも販売。弁当やケータリングでの注文が可能。なお、キッチンマレーチャンは、日本初のビットコイン決済に対応、とのこと

 さらに、先日開催された幕張でのマレーシアフェスで、あっという間に売り切れた人気のマレーシア発の清涼飲料水「100PLUS」(ハンドレッドプラス)も取り扱いスタート! ハンドレッドプラスは、微炭酸の清涼飲料水で、マレーシアで暮らしたことのある人なら知らない人はいない、超有名な飲みもの。私も、ゴルフのときや暑い日の熱さましでよく飲みました。マレーシアをなつかしむにはぴったりの味です。店舗での提供のほか、キッチンマレーチャンでの通販でも注文可能。通販や弁当での販売価格は198円(税別/325mlの缶)、 248円(税別/500mlのペットボトル)。マレーチャンsatuの店内では450円で飲むことができます。

 さらに、ビッグな嬉しいお知らせ。元国民的アイドルグループの初期メンバーで、現在は「PEACE$TONE」で活躍されている福田明日香さんが、マレーチャンのアンバサダーに就任。これからマレーシア料理をPRしてくださるそうです。福田明日香さんは、現在お子さんがいらっしゃり、ママタレントとしても活躍中。福田さんが100PLUSを手に持っていらっしゃる左の写真、マレーシア好きにはたまりませんね~。マレーチャンのテンペメニューと100PLUS、ぜひご注目ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。