ジャーナル

「多民族国家マレーシアにおけるアートプロジェクト」F/Tトーク Part.02

F/T Talk Interview, by Mr Fairuz and Mr Roslisham Ismail, Part.02

フェスティバル/トーキョーのアジアシリーズ。マレーシアを代表するアーティスト、ファイルズさん(Mr Fairuz)とイセさん(Mr Roslisham Ismail、通称Mr Ise)に特別インタビュー。好きな料理は?おふたり自身の冷蔵庫の中身は?プライベートな素顔に迫りました。

_d3a8266_2

Q1 最初に、マレーシアには映画や演劇を楽しむ余裕のある人が多い気がするが、どう思う?

A1 マレーシアでも、アートを楽しんでいるのは一部の層だと思う。「イスタナ・ブダヤ」という国立劇場の公演チケットはだいたい30~50リンギット。日本円に換算すれば安いけれど(約750~1250円)、マレーシア人にとっては気軽にいける値段ではないからね。

先日、銀座で歌舞伎を見たよ。多くの日本人客で満席だった。伝統的な演目を4~6時間という長時間に渡って演じていて、それをちゃんと見にくるお客さんがいる。日本でもアートを楽しんでいる人はたくさんいるよね。

また、マレーシア人も日本人も、体から湧き出るような“気”というか、豊かなボディランゲッジで感情を表現する人が多いよね。パフォーマーの素質という共通点があると思う。(ファイルズさん)

_d3a8268_2

Q2 イセさんの冷蔵庫アートに関連して。おふたりの家の冷蔵庫の中身は?

A2 冷蔵庫は持っていないよ。以前は、飲みものを冷やすためのミニ冷蔵庫があったけど、扉に付いた霜(シモ)の塊がどんどん大きくなって、それをアイスピックで削っていたときに壊して以来、買っていない。バナナやドライフルーツはそのまま保管できるし、家で料理をしないので、困ったことはないよ。(ファイルズさん)

A2 僕も、家の隣が巨大な冷蔵庫、つまりスーパーだったので、冷蔵庫は持っていなかった。でも、2カ月前に、巨大冷蔵庫から離れた場所に引っ越したので、いちおう買ってみたんだけど、飲み水しか入れてないね。

_d3a8283_2

僕も料理をしないので、冷蔵庫の活躍の場面があまりないんだ。でも、ホームパーティーはよくやるよ。ラッキーなことに、友人に料理のスペシャリストが多いので、彼らを招いて、わが家で料理をしてもらう。それがいちばんおいしい料理を味わえるよね。

ニューヨークで暮らしていたときは、もちろん冷蔵庫を持っていたよ。アジア食材をたくさん詰め込んで、2週間に1度ホームパーティー。現地で知り合った人たちを家に招いて簡単なマレーシア料理を披露していた。いちばんよく作ったのは、マレーシア料理でいちばん有名なナシレマ(Nasi Lemak)。ナシレマを食べながら、来てくれた人の会話を観察していた。ひじょうに有意義な時間だった。(イセさん)

Q3 最後に、ふたりの好きなマレーシア料理を教えてください。

A3 ナシレマ(Nasi Lemak)、アヤムゴレン(Ayam Goreng/鶏の唐揚げ)、ナシケラブ(Nasi Kerabu/ごはんに野菜サラダを混ぜたもの)、ダギンバカール(Daging Bakar/スパイシー焼肉)……。名前を挙げたらキリがないね。でもよく考えると、どれもナシ(Nasi/ごはん)と一緒の料理だね。(ファイルズさん)

A3 やっぱり、ナシケラブ。タイやミャンマーにも同じ花(英語:バタフライピー、マレーシア語:ブンガ・タラン)を使う料理はあるけれど、ご飯と一緒に炊き込むのはマレーシア独特。ナシケラブは、僕の人生にかかせない味だ。(イセさん)

_d3a8279_2

マレーシア人は、やっぱりナシ(ごはん)なんだ! いつか、イセさんのナシケラブプロジェクトを日本でも!

おふたりとごはんトークをさせていただいて、ナシレマやナシケラブを食べるときに思い出す顔が増えた。そのことがとてもうれしい。貴重な時間をありがとうございました。

ふたりのトーク内容はこちらに

関連記事

  1. アセアンフェスティバル2013、横浜山下公園
  2. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレー…
  3. マレーシア文化通信【WAU_Vol.15】リリース!
  4. レポート。キッズベースキャンプにて子ども達にマレーシア・トーク
  5. (終了)「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAK…
  6. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  7. 奥渋にあるコンセプト書店「SPBS」で『ナシレマ!』本、販売中
  8. おいしいの3つの要素。サイエンス・カルチャー・ノスタルジック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  2. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  3. アジアごはんズVol.7開催決定!(参加者募集スタート)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
  4. 屋台祭り(満席)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  5. マレーシア料理教室(募集中)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  6. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo
  7. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood tour report in Kuching
  8. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  9. レポート。屋台祭り(終了)5月26日(日)「ロティ祭り&タンドリーチキン」Malaysian Roti, Murtabak and Tandoori Chicken
  10. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。