マレーシア料理店

Close 東京・八丁堀「マレーカンポン」 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサンバルソース

マレーカンポン / Malay Kampung

dsc_0084

自家製サンバルで炒めたマレーシアのチャーハンこと、ナシゴレン1000円

東京・八丁堀、マレーシアのペラ州出身のユウシェフが腕をふるう店です。人気メニューは、自家製の辛味調味料サンバルソースで炒めた「ナシゴレン」。そして、サンバルに煮干しを加えたマレーシア風佃煮サンバルイカンビリスをごはんに混ぜて食べる「ナシレマ」。マレーカンポンのサンバルは、単に辛いだけではなく、うま味とコクがあり、1回食べるとやみつきになる味です。そのほか、にんにくと黒醤油で香ばしく炒めた麺「チャークイテオ」、鶏の漢方煮込みスープ「チクテー」、スパイスで下味をつけた「ニョニャ風唐揚げ」、ココナッツミルクでまろやかに仕上げた「チキンカレー」もファン多し。自慢のサンバルは、瓶詰にして販売も行っています。

dsc_0033

ココナッツミルクのまろやかさのなかに、スパイスの辛味がじわじわくるチキンカレー900円。ジャスミンライス、またはロティチャナイのどちらか付き

炊飯のときにココナッツミルクを入れて、ほんのり甘い香りをつけたご飯。そこに煮干しやサンバルソース、ピーナッツを混ぜて食べる。マレーシアの国民食ナシレマ1000円

p1110793

特製スパイスダレに漬けこんだマレーシア(ニョニャスタイル)の鶏から揚げ、ランチは780円でご飯付

dsc_0076マレーカンポン / Malay Kampung

住所:東京都中央区八丁堀1-4-8 森田ビル2F
電話:03-3537-6690
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00
定休日:日 ※貸切の場合は営業
席数:25席
カード:現金のみ
アクセス:日比谷線ほか八丁堀駅、茅場町駅から徒歩6~8分、JR東京駅より徒歩15分
※ハラル肉対応レストラン
Web http://www.malaykampung.com/

関連記事

  1. 東京・池袋「マレーチャン1号店」 濃厚な海老の香り。マレーチャン…
  2. 大阪・難波「リャンアロウ」 2日間かけて仕込む窯焼きローストポー…
  3. Close 静岡・浜松「アジアンダイニングキッチン 韻彩」 シェ…
  4. Close 茨城・大みか「ポコピサン」 全国にファンがいるアスリ…
  5. 東京・芝公園「ペナンレストラン」 ペナン出身のシェフが家族で経営…
  6. 現在バー営業。大阪・難波「ケニーアジア」 関西在住マレーシア人の…
  7. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミ…
  8. 東京・渋谷「マレーアジアンクイジーン渋谷」 お洒落空間で絶品ロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。