おかず

ナシチャンプル

Nasi Campur

野菜炒め、鶏唐揚げ、スープ煮込み。ご飯のおかずが勢ぞろい

マレーシア人の普段の料理を食べたいなら、ナシチャンプルの店に行くべし

ナシはごはん、チャンプルは混ぜる。つまりナシチャンプルとは、ご飯とおかずをわしゃわしゃ混ぜて食べる料理です。店頭にずらっと並んだ惣菜の中から、食べたいおかずを3~4種選び、ご飯と一緒にワンプレートに盛って、いただきます。おかずの数や内容によって値段が異なり、肉と野菜を選んで、だいたい200~300円ぐらい。海老などの魚介類を入れると、300~600円ぐらいと多少高額。店頭に惣菜が並んでいる様子は、まるでビュッフェのようですが、食べ放題ではなく、日本でいうところのオリジン弁当のような仕組みの会計です。さて、ナシチャンプルは、マレーシアでもっとも日常的に利用されている外食スタイル。なので、提供している料理も、マレーシア人が日常的に食べている味。また、マレー系は「ナシチャンプル」、中国系は「エコノミーライス(経済飯)」、インド系は「ナシカンダー」と呼びますが、どの店も“惣菜+ご飯”という料理を提供している同じジャンルの店です。大人数で訪れれば、それぞれ好きな味が選べて楽しいし、ひとりで利用するときは、少量盛りでいろいろ食べれて便利。いつでもどんなときでも気軽に寄れるのが、ナシチャンプル。日本にもあれば、きっと流行ると思うな~。

ナシチャンプル、おすすめ料理ベスト3の記事はこちら

カレー、揚げもの、煮込み、野菜炒めなどが並んでいる。赤色のものは一般的に辛いものが多く、赤や緑の輪切り唐辛子入りの料理(サラダに多い)や唐辛子ソースをのせた魚料理もけっこう辛い(唐辛子は味つけ用なので、唐辛子そのものは食べなくてもいい)。見た目が白いものや、キャベツの野菜炒め、鶏の唐揚げは辛さひかえめ。

Memo
ビュッフェのように一皿に盛るので、おのずとご飯とおかずが混ざるけど、混ぜて食べるか、それぞれ食べるかは、お好みで。

Photo
スンガイベシ、ナシチャンプル店「Asam Pedas」。2017年3月、12リンギ

関連記事

  1. マレーシアのラクサ事情 Laksa in Malaysia
  2. Hati Malaysia 文化講座(終了)12月9日(日)三越…
  3. アジアごはんズVol.7(終了)2019年7月6日「東南アジア4…
  4. チェンパダ・ゴレン
  5. ナシゴレンパタヤ
  6. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  7. ジョホールラクサ
  8. サラワクラクサ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 6月開催・募集スタート!マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  2. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  3. クトゥパ
  4. マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より
  5. マレーシアのニョニャ料理とは。カラフルなプラナカン文化より
  6. レマン
  7. ハリナシバチのはちみつ。味がいろいろって本当?
  8. Foodex Japan 2022 マレーシア関連ニュース
  9. 現地に瞬間移動したような再現度! ナシカンダー専門店が東京にオープン
  10. ナシトマト
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。