おやつ

タパイ

Tapai Pulut

真っ白でジューシー。自然発酵に委ねる特別な日の味。

もち米と麹で作る発酵系おやつ。ひと口サイズで、とても甘い。

 葉っぱを開くと、小さなご飯の塊。芳醇な香り、ふくよかな甘み、汁気のあるジューシーな食感が特徴で、ラギとよばれる麹でもち米を発酵させたおやつです。甘酒のような、たくさん食べるとふわっと心地よく酔いそうな味。断食明けの祭りなど特別な日に用意されることが多く、村のタパイ名人が市場で販売していることもあります。

 初めて食べたのは小さな町のバスターミナルで。露店で販売されていたタパイを友人にすすめられて食べてみると、わー、おいしい! とても甘くて、水分たっぷりで、米はやわらか。ところが、2回めに食べたときは、飛行機で持ち運んだせいか、米粒は固いままで、甘みも無く、別もの。自然発酵で作るタパイは、気温や湿度の影響が大きいのだなぁとしみじみ。あるマレーシア人によると、特別な手をもった人しか、タパイはおいしく作れないのだそう。

 ちなみに、ボルネオ島サバ州にもタパイがあり、こちらは、米を長期発酵させた液体のお酒。祝いの日はタパイを朝まで飲むそうです。

Memo
タパイは、ゴムの葉やバナナの葉に包んで発酵させる。3~5日で発酵し、食べごろは1日程度。そのため、おいしいタパイに出会うには運も必要。また、米ではなく、キャッサバを発酵させた「タパイ・ウビ」も人気。

Photo
クアラルンプール郊外、スバンの市場「パサール・タニ」にて、2012年

関連記事

  1. サラワクラクサ
  2. チェンドル
  3. サンバルのレシピ
  4. マレーシアごはんツアー2018年10月(満員御礼!)「ボルネオ島…
  5. ペナンラクサ
  6. プトゥ・マヨン
  7. アパンバリ
  8. ミールブス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。