おやつ

クエケリア

Kuih Keria

砂糖をまぶした、ほろほろ食感のドーナツ

大学芋などサツマイモ好きの方に

口のなかでほろりとくずれる食感はサツマイモによるもの。ゆでたサツマイモをつぶし、成型して揚げたサツマイモのドーナツです。とても素朴な味で、食べるとなつかしい気さえします。クエケリアのような素朴なおやつは、路上の移動式屋台(といっても、移動しながら売り歩くのではなく、一カ所で営業し、売り切ったら店じまい)や簡易テントの店が立ち並ぶ朝市や夜市で販売されています。そこで売られているおやつは、クエケリアも含めて見た目が地味。これにはちゃんと理由があって、もともとは家庭で手作りをするおやつで、販売しているものも屋台のお母さんたちが家で作ったもの。売るために作ったというより、家庭の味のおすそわけに近い感覚です。だからパッケージなし、飾りもなし、ペラペラのビニール袋に入れてハイどうぞ、となります。インスタ映えは皆無ですし、地味過ぎて見逃してしまいそうになるけど、この手作りの味ががとてもいい。世界共通の家庭料理のあったかい味がします。

Memo
クエケリアと見た目がそっくりなおかしに「クエ・ペニャランKuih Peneram」というのがある。これは小麦粉をつかったドーナツで、椰子砂糖が生地に練りこまれているのでかなり甘い。またクエケリアと同じ味で形違い(イモを小型化したか形)の「チェメモレCik Mek Molek」も素朴なイモのおやつ。ちなみに、わたしたちにおなじみのドーナツもよく売っているのでお間違えのないよう。

Photo
マラッカ、マレー菓子店「クエ・プルヘンティアン」、1個0.5リンギット、2018年

関連記事

  1. プルッインティ
  2. アパンバリ
  3. ドドル
  4. ボボチャチャ
  5. チェンドル
  6. ローミー
  7. エッグタルト
  8. ナシトマト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。