ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. イポーで、果物「ポメロ」農園を見学
  2. マレーシア料理とは
  3. プカサン・イカンを調理してみました
  4. つれづれ、ふと思ったこと
  5. マレーシアの伝統工芸品、ピューター
  6. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2017年9月
  7. フェスティバル/トーキョー2016にて「Nadirah」を観劇
  8. 日本初のコンサート(終了)。マレーシア人歌手、光良氏が大ヒット曲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2019年10月(募集スタート)「リゾート島ランカウイの美食。ラクサ、チキンライス、伝統菓子教室まで」Food tour in Langkawi
  2. 開催します「マレーシアごはん祭り2019~Malaysia MAKAN Fest」ごはんと雑貨が横浜に集合!バティック体験、音楽演奏など盛りだくさん。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  3. 『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版のお知らせ released a book Malaysia Local Food
  4. マレーシア文化通信【WAU_Vol.20】伝統舞踊劇マヨンの舞踊家ロスナン・ラーマンさんインタビュー、ラマダンとハリラヤ、クエと和菓子
  5. レポート。屋台祭り(終了)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  6. レポート。マレーシア料理教室(終了)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  7. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  8. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  9. アジアごはんズVol.7(終了)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
  10. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。