ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…
  2. ツーリズムEXPOジャパン2017にて。おすすめのマレーシア旅
  3. 五感を刺激する進化系マレーシア料理「DEWAKAN」
  4. チキンライスの現場で歴史を刻む職人魂
  5. マレーシア料理とは
  6. アジアごはんズVol.6(終了)2019年2月3日(12:00~…
  7. 終了。オンライン・屋台祭り(9月23日)辛いのがうまい。マレーシ…
  8. フェスティバル/トーキョー2016にて「Nadirah」を観劇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 6月開催・募集スタート!マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  2. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  3. クトゥパ
  4. マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より
  5. マレーシアのニョニャ料理とは。カラフルなプラナカン文化より
  6. レマン
  7. ハリナシバチのはちみつ。味がいろいろって本当?
  8. Foodex Japan 2022 マレーシア関連ニュース
  9. 現地に瞬間移動したような再現度! ナシカンダー専門店が東京にオープン
  10. ナシトマト
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。