ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. 家で楽しもう! 現地のマレーシア料理情報 Delivery &#…
  2. ロイさんとチャーさんが教えてくれたこと
  3. マレーシアの伝統凧「ワウ」を作り続けて46年
  4. つれづれ、ふと思ったこと
  5. びっくり食体験 骨のありがたみ
  6. いつか旅に出る日『BRUTUS』にマレーシアの朝食が掲載されまし…
  7. びっくり食体験 ショートケーキが匂う
  8. 新連載スタート! タンマリのマレーシア家族ごはん Vol.01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ヤムケーキ
  2. チュクドゥ
  3. バフル
  4. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  5. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! もちもち皮×濃厚ドリアンの相性抜群
  6. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  7. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  8. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  9. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  10. 「おしゃれは大事」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.07
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。