ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. ナシチャンプル Vol.2
  2. アジアごはんズVol.7(終了)2019年7月6日「東南アジア4…
  3. マラッカ特産の椰子砂糖(グラ・マラッカ)工場見学
  4. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  5. ブラチャンにかけた情熱。ペナン島とケダ州にて
  6. チキンライスに必須!シャキシャキ“もやし”に迫る!
  7. イポーで、果物「ポメロ」農園を見学
  8. 「多民族国家マレーシアにおけるアートプロジェクト」F/Tトーク …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「富士そば」の限定メニューに「肉骨茶(バクテー)そば」登場
  2. ラクサム
  3. ケダラクサ
  4. サラワクラクサ
  5. ペナンラクサ
  6. 屋台祭り(満席)11月23日(土)14:30「熱烈ドリアン祭り(4つの味!)」Malaysian Durian Durian Durian!!
  7. 11月28日(木)マレーシア料理教室(募集中!) は発酵調味料で作る蒸し魚と鶏料理 Malaysian cooking class, Steam Fish & Fried chicken
  8. レポート(終了)10月16日(水)13時『マレーシア 地元で愛される名物食堂』刊行記念トーク&サイン会 クアラルンプールの紀伊國屋書店で開催
  9. (終了)11月2~4日「マレーシアフェア Malaysia Fair2019」新宿中央公園にて開催
  10. レポート。屋台祭り(終了)10月20日(日)14:30「ラクサといえばコレだ! 酢っぱ辛い魚のラクサとペナンロジャ」Malaysian Asam Laksa & Penang Pasembur
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。