ジャーナル

びっくり食体験 屋台にパジャマ姿の子ども連れ

夜10時過ぎ、残業後に屋台に行くと、幼子を連れた家族連れの姿。マレーシアではよくある光景。

 

屋台は食卓です。

「うちのお母さん、料理しないの。だから家にはフライパンも鍋もない」という友人がいた。幼いころから、朝昼夜すべて外食。ごはんの時間になると、家族みんなで屋台に出かけるという。たしかにパジャマ姿の家族を屋台で見かけることは多い。

女性進出のカギ、屋台。

外食というより、“外で食べる食卓”である屋台。子どもの数が多いにも関わらず、意外にも、外で働く女性が多いのは、この屋台文化のおかげ。仕事が終わり、屋台の料理を持ち帰って食事にする。

DSC_1219 

結論。屋台からすべてが始まる。

家族との思い出、友人との語り、仕事の途中でかけこむご飯、恋人たちのたまり場。それらはすべて屋台が舞台。集う人の思いが濃厚に漂う、熱くておいしい場所なのだ。

関連記事

  1. ナシレマが好きです[WAU No.10記事]
  2. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊…
  3. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2016年12月
  4. びっくり食体験 ショートケーキが匂う
  5. マレーシア名物、魚せんべい「クロポ」の工場見学
  6. マレーシアごはん祭り「Malaysia Makan Fest」開…
  7. つれづれ、ふと思ったこと
  8. 初めてマレーシアに旅する友人から質問。とその回答

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  2. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  3. アジアごはんズVol.7開催決定!(参加者募集スタート)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
  4. 屋台祭り(満席)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  5. マレーシア料理教室(募集中)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  6. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo
  7. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood tour report in Kuching
  8. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  9. レポート。屋台祭り(終了)5月26日(日)「ロティ祭り&タンドリーチキン」Malaysian Roti, Murtabak and Tandoori Chicken
  10. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。