ジャーナル

びっくり食体験 屋台にパジャマ姿の子ども連れ

夜10時過ぎ、残業後に屋台に行くと、幼子を連れた家族連れの姿。マレーシアではよくある光景。

 

屋台は食卓です。

「うちのお母さん、料理しないの。だから家にはフライパンも鍋もない」という友人がいた。幼いころから、朝昼夜すべて外食。ごはんの時間になると、家族みんなで屋台に出かけるという。たしかにパジャマ姿の家族を屋台で見かけることは多い。

女性進出のカギ、屋台。

外食というより、“外で食べる食卓”である屋台。子どもの数が多いにも関わらず、意外にも、外で働く女性が多いのは、この屋台文化のおかげ。仕事が終わり、屋台の料理を持ち帰って食事にする。

DSC_1219 

結論。屋台からすべてが始まる。

家族との思い出、友人との語り、仕事の途中でかけこむご飯、恋人たちのたまり場。それらはすべて屋台が舞台。集う人の思いが濃厚に漂う、熱くておいしい場所なのだ。

関連記事

  1. 「ルンダンおにぎり」が販売されている
  2. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2016年10月
  3. マごはんメンバーズ通信Vol.7《マレーシア人の嗜好》発刊
  4. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  5. マレーシア名物、魚せんべい「クロポ」の工場見学
  6. 「おしゃれは大事」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.0…
  7. 生ココナッツを販売する「ココクレイズ」。青山から新宿駅近に移転
  8. ポスター制作しました。あなたの #思い出のマレーシアごはん 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. クエゴヤン
  2. ヤムケーキ
  3. チュクドゥ
  4. バフル
  5. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  6. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! もちもち皮×濃厚ドリアンの相性抜群
  7. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  8. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  9. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  10. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。