ピックアップ

奥渋にあるコンセプト書店「SPBS」で『ナシレマ!』本、販売中

Selling Nasi Lemak book at book store in Shibuya, Tokyo 

 渋谷・東急本店 Bunkamura(文化村)からつづく道。ここは、お洒落なレストランや個性的なショップが並ぶ“奥渋”とよばれるエリア。この町にある書店「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(シブヤ パブリッシング アンド ブックセラーズ/略称:SPBS)」で、ナシレマッ!の本を販売していただいています。

世界の人々の生活が感じられる世界のごはん本のコーナーに『ナシレマッ』本! 書店「SPBS」は、奥渋の文化発信の拠点として、アーティストや食関係者の人々に親しまれている  

 場所は、渋谷の映画館アップリンクから、5分ほど歩いて左手。ちょうど、2018年1月20日~26日は、アップリンクにてマレーシア映画の名作タレンタイムが上映されるので、タレンタイムを観終わったら、ぜひ足をのばして、書店をのぞいてみてください。

 渋谷の書店にナシレマッ!本を置いていただけるなんて!感激です。どうぞ、皆さまの手にナシレマッ本がとどきますように。SPBSは、カルチャー好き・ごはん好きにとってはワクワクする書籍のオンパレードなので、ぜひのぞいてみてください。

関連記事

  1. 「富士そば」の限定メニューに「肉骨茶(バクテー)そば」登場
  2. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  3. (終了)「マレーシアフェア Malaysia Fair」新宿中央…
  4. マレーシア文化講座Vol.11(終了)「カレーラクサの塗り絵レッ…
  5. ポスター制作しました。あなたの #思い出のマレーシアごはん 
  6. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! …
  7. マレーシアの伝統工芸品、ピューター
  8. NHK BSプレミアム『美の壺:憩いのティータイム 紅茶』にテタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  2. 参加者募集! 2月7日、Otoサロン・オンライン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(マレーシアとシンガポールの2種)
  3. 参加者募集中!オンライン・屋台祭り(1月31日)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  4. 福建麺
  5. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシレマッ」「サテー」販売スタート。
  6. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
  7. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVol.10
  8. 海老麺 / 福建麺(ペナン)
  9. マレーシアのおやつ事情 Kuih in Malaysia
  10. 「華人文化、中元节の儀式」 タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.09
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。