マレーシア料理店

東京・八丁堀「マレーカンポン」 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサンバルソース

マレーカンポン / Malay Kampung

dsc_0084

自家製サンバルで炒めたマレーシアのチャーハンこと、ナシゴレン1000円

東京・八丁堀、マレーシアのペラ州出身のユウシェフが腕をふるう店です。人気メニューは、自家製の辛味調味料サンバルソースで炒めた「ナシゴレン」。そして、サンバルに煮干しを加えたマレーシア風佃煮サンバルイカンビリスをごはんに混ぜて食べる「ナシレマ」。マレーカンポンのサンバルは、単に辛いだけではなく、うま味とコクがあり、1回食べるとやみつきになる味です。そのほか、にんにくと黒醤油で香ばしく炒めた麺「チャークイテオ」、鶏の漢方煮込みスープ「チクテー」、スパイスで下味をつけた「ニョニャ風唐揚げ」、ココナッツミルクでまろやかに仕上げた「チキンカレー」もファン多し。自慢のサンバルは、瓶詰にして販売も行っています。

dsc_0033

ココナッツミルクのまろやかさのなかに、スパイスの辛味がじわじわくるチキンカレー900円。ジャスミンライス、またはロティチャナイのどちらか付き

炊飯のときにココナッツミルクを入れて、ほんのり甘い香りをつけたご飯。そこに煮干しやサンバルソース、ピーナッツを混ぜて食べる。マレーシアの国民食ナシレマ1000円

p1110793

特製スパイスダレに漬けこんだマレーシア(ニョニャスタイル)の鶏から揚げ、ランチは780円でご飯付

dsc_0076マレーカンポン / Malay Kampung

住所:東京都中央区八丁堀1-4-8 森田ビル2F
電話:03-3537-6690
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00
定休日:日 ※貸切の場合は営業
席数:25席
カード:現金のみ
アクセス:日比谷線ほか八丁堀駅、茅場町駅から徒歩6~8分、JR東京駅より徒歩15分
※ハラル肉対応レストラン
Web http://www.malaykampung.com/

関連記事

  1. 東京・池袋「マレーチャン2号店」 マレーシアで買い付けた漢方で煮…
  2. 東京・五反田「ちりばり」 マレーシア料理とお酒の店
  3. 東京・十条 豚肉の漢方煮込み、バクテー専門店
  4. 茨城・大みか「ポコピサン」 全国にファンがいるアスリシェフに会え…
  5. 東京・大塚「ラヤンラヤン」(ラムリが店名を変え、場所をすこし移動…
  6. 大阪・天満「エーファモサ」 ペナン出身アルトンシェフ
  7. 東京・渋谷「マレーアジアンクイジーン渋谷」 お洒落空間で絶品ロー…
  8. 東京・池袋「マレーチャン1号店」 濃厚な海老の香り。マレーチャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。