マレーシア料理店

静岡・浜松「アジアンダイニングキッチン 韻彩」 シェフの家に代々伝わる自家製サンバル

アジアンダイニングキッチン 韻彩 / Asian Dining Kitchen Insai

「カレーラクサ」1000円。濃厚カレースープに、キュウリともやしのシャキシャキ感がよく合っている

 静岡・浜松町にある「アジアンダイニングキッチン 韻彩」。オーナーシェフのマレーシア人、エミリーさん(マラッカ出身)が、ナシレマッ、バクテー、ラクサ、蒸し鶏など、故郷の味でもてなしてくれる店です。

 いちばんのおすすめは、クアラルンプールの人気店で修行したというラクサ。ココナッツミルクとスパイスの香り高い「カレーラクサ」で、麺は風味豊かな卵麺を使用し、量は180gと多め。「友達とシェアしてどうぞ」とエミリーさん。スープの辛さは調整可能なので、お好きな辛さで召し上がれ。

 また、マレーシアの国民食「ナシレマッ」も提供。こちらは、エミリーさんの家に代々伝わるサンバルが特徴。サンバルとは、すり潰した唐辛子に、玉ねぎなどの香味野菜を加えて、じっくり煮詰めた辛味ソースで、マレーシア料理にかかせない調味料。エミリーさんが手作りする辛いながらもコク深いサンバルは、香り高いご飯との相性も抜群です!

マレーシア人が大好きな「ナシレマ」。手羽元のスパイシー煮込みをトッピングして1200円

 料理の辛さや量の調整など丁寧に対応してくれるので、わからないことがあれば、何でも聞いてみてください。故郷マレーシアの味を日本人に知らせたい。その思いを胸に作るエミリーさんの味は、わたしたち日本人の心にもしみるのです。

アジアンダイニングキッチン 韻彩 / Asian Dining Kitchen Insai

住所:静岡県浜松市中区東伊場1-18-13
電話:053-571-1768
営業時間:[月・火・木・金]11:30~1400 18:00~24:00、[土・日]18:00~24:00
定休日:水曜
席数:14席(カウンターあり)
アクセス:遠鉄バス20番 東伊場バス停を降車、徒歩1分、新浜松駅から1,345
Web https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22025868/(食べログ)

 

関連記事

  1. 福岡・次郎丸「カフェロティ」 手作りロティ・チャナイを提供
  2. 東京・八丁堀「マレーカンポン」 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサ…
  3. 神奈川・横浜「マレーアジアンクイジーン横浜」 マレーシア在住経験…
  4. 茨城・大みか「ポコピサン」 全国にファンがいるアスリシェフに会え…
  5. 大阪・難波「ケニーアジア」 関西在住マレーシア人の心のよりどころ…
  6. 東京・大塚「ラヤンラヤン」(ラムリが店名を変え、場所をすこし移動…
  7. 東京・祖師ヶ谷大蔵「馬来西亜マレー」 “心はマレーシア”が合言葉…
  8. 東京・芝公園「ペナンレストラン」 ペナン出身のシェフが家族で経営…

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  2. 9月1日、2日「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  3. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  4. 屋台祭り 7月29日(日)(終了)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  5. マレーシアごはんツアー2018年10月(申込み受付中)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  8. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  9. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  10. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。