おやつ

クエラピス

Kuih Lapis

ココナッツミルク味の「ういろう」。もっちり食感があとをひく

ご年配の方もお子さまも安心してどうぞ

はじめて食べたとき、これは懐かしい味!と思いました。名古屋や伊勢名物のういろうにそっくり。粉をねって蒸したマレーシアの伝統菓子で、もっちりとしたやわらかな食感が特徴です。2~3個ペロッと食べられるひかえめな甘さで、ココナッツミルクのまろやかな風味が口いっぱいに広がります。このクエラピス、和菓子でいうならば大福ぐらいの抜群の知名度の高さ。そのため、マレーシア人ならだれもが“クエラピスあるあるネタ”を持っています。たとえば、幼いころに白とピンク(または緑のこともある)のしましまの層を1枚ずつ剥がして食べて、親に「行儀が悪いからやめなさい」と怒られた、とか。これを聞いたとき、ポッキーのチョコだけ食べるのと同じ衝動やね、とマレーシア人への親近感がまたグンと増したものです。とてもおいしいのお菓子なのですが、くやしいことに日持ちがしないので、お土産には不可。現地で買ってその場で食べる。日本のマレーシア料理店のシェフにおねだりする、日本でマレーシア人の友人をつくって、その人に作ってもらう。現時点ではこの3つが、クエラピスを味わえる方法です。いつか日本でクエラピスの店ができるといいな。虎屋さんあたり、季節限定で「ココナッツういろ」を販売してくれないかな~

memo
クエラピスは、もともとはプラナカン民族がつくるお菓子「ニョニャ菓子」の1種。人気が広まり、今ではマレーシア全土で食べられるようになった。ココナッツミルクを使っているため、購入した日に食べるのが鉄則

Photo
クアラルンプール、80セン、2015年

関連記事

  1. パンミー(スープ)
  2. サンハーミー
  3. ポークボールミー
  4. ナシゴレンパタヤ
  5. 粥(潮州系)
  6. イポーヌードル
  7. カヤトースト
  8. ヨントウフ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。