ごはん&麺

チャークイティオ

Char kway Teow 

海老、腸詰め、卵。具だくさんな豪華焼き麺

コクのある辛味と香ばしいにんにく味。男性のファン多し

マレーシア全土で食べられている人気の麺。「チャー」は炒める(中国語)、「クイティオ」は米の麺を指します。幅広の米麺は、日本のきし麺よりもモッチリネットリしていて、それを香ばしい辛味調味料であるサンバルソースで炒めたものがチャークイティオ。日本の焼きそばぐらいメジャーな料理です。忘れられない味は、ブキビンタンにある屋台。どこからどう見ても、ふつうの小汚い(失礼)屋台なのですが、香港の有名歌手が訪れたという噂があるほどの人気店。運ばれてきてびっくり、とにかく具が贅沢なんです。プリプリ食感の大ぶりの海老、脂がじゅわっと染み出る腸詰め、味の濃い赤貝、シャキシャキのもやし、ふわふわのとき卵。そして食べ進めるごとに口の中で存在を主張するこのカリカリ感……ん?豚の脂身だ!揚げた3ミリ角の豚の脂身が、隠れキャラのようにときどき出現し、カリッと噛めばジュワッと脂が溶け出します。うまし! よくよく考えたら、油をたっぷり吸った麺に、豚の脂身がのっているわけですから、鼻血が出そうなくらいハイカロリーなひと皿ですが、おいしいので目をつぶります。

Memo
どの屋台群にもあるチャークイィテオですが、味はてんでバラバラ。油っこかったり、具がおそまつだったりと失敗もあります。注文客の多い店で頼めば、たぶん大丈夫。またペナン発祥の料理と言われ、ペナンの屋台はどこで食べてもおいしいです。

Photo
クアラルンプール、クポンの小さな屋台、3.5リンギット、2009年

関連記事

  1. ファッティーのチリクラブ
  2. チリパンミー
  3. ペナン・アッサムラクサ
  4. バビロティ
  5. クエラピス
  6. ナシカンダー
  7. ナシレマ三角
  8. バナナリーフカレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。