ジャーナル

プカサン・イカンを調理してみました

Pekasam Ikan 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-11-03

友人のハニサさんからいただいた「プカサン・イカン Pekasam Ikan」を調理してみました。

ケダ州ほか、マレーシアの海辺の町でよく食べる“塩漬けにした魚”です。つぶつぶしているのは米で、茶色になるまで炒め、それを砕いてから魚、塩と一緒に漬け込みます。

これ、まさしく、日本のお寿司の原点といわれる“なれずし”の手法と同じ。なれずしは、“おもに魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品”であり、つまり「プカサン・イカン」なのです。ハニサさんからいただいたのは、Nazriさんが作ったパック入りのプカサン・イカン。あけてみたら、ピカピカに真っ白な美しい魚(ティラピアかな)で驚き! 多めの油で、玉ねぎとチリを加えて揚げ焼にしました。こちらが完成図。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-13-24

思ったよりも匂いは少なくて、たとえるなら、八丈島のクサヤをふわっと思い出させるぐらい。しょっぱさは100点満点で、ご飯に合います。とっても感激。これ、すしの原点なんだ。Sedap!! Pekasam Ikan !!

ちなみに、下の写真が、マレーシアのアロースターという海辺の町でみた魚屋さん。プカサン・イカンのオンパレード。いろんな魚の種類がありました。

この売り場は猛烈な匂いがしていましたが(発酵した魚の匂い)、いただいたパックのものはぜんぜん匂いせず。不思議。

アジアと日本の食文化、つながっています!

関連記事

  1. 「すべての食には、人のぬくもりがあった」 マレーシアごはんツアー…
  2. 「多民族国家マレーシアにおけるアートプロジェクト」F/Tトーク …
  3. ナシチャンプル
  4. マレーシアの伝統工芸品、ピューター
  5. マレーシア料理とは
  6. びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?
  7. マレーシア東海岸の魅惑の調味料ブドゥ
  8. マレーシアの伝統凧「ワウ」を作り続けて46年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. (終了)「マレーシアフェア Malaysia Fair」新宿中央公園にて。グルメから伝統舞踊、バティック体験、クッキングショー&体験まで!
  2. Hati Malaysia 文化講座(募集中)12月9日(日)三越カルチャーサロンにて
  3. マレーシア土産は現地スーパーで! 発見したら即買いすべき8品はコレ
  4. 屋台祭り(終了)10月21日(日)「酢鶏とロジャ最高!マレーシアのパイナップル料理がアツい!」Special Malaysian Nasi Goreng and Chicken chop with Pineapple
  5. レシピ集を販売します。マレーシア人に習った50のレシピ Malaysia COOKBOOK
  6. 屋台祭り(終了)8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  7. (終了)「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  8. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  9. 屋台祭り(終了)7月29日(日)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  10. マレーシアごはんツアー2018年10月(満員御礼!)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。