ジャーナル

日本初のコンサート(終了)。マレーシア人歌手、光良氏が大ヒット曲「童話」にこめた思い。JAPAN First Concert 18th.March.2018

インタビュー 光良氏 Michael Wong (Guang Liang)

童話。それは、子どものころに聞いたおとぎばなし。いくつもの困難を乗り越えて、ハッピーエンドになる物語。これは空想の世界? いや、そうじゃない。ぼくたちの人生も、きっと同じ。夢、愛、そして、信じる心を忘れなければ (光良氏)

台湾を拠点に世界で活躍するマレーシア人歌手、光良氏(英語名、マイケル・ウォン)。1995年にデビュー。2005年に発売した曲「童話」が大ヒットし一躍有名に(写真提供:星娛音樂XYmusic)

 どこかなつかしく、どこか切ないバラード曲「童話」は、台湾、中国、シンガポール、そして故郷マレーシアなど、世界中の華人コミュニティーで絶賛され、話題になった。香港スターのジャッキー・チェン氏も「童話」が大好きだという。

「童話」をぜひ聞いてほしい。(音が出ます)
https://youtu.be/NQHn9A-WqcI

「童話」は、はじめに曲が生まれ、そこに歌詞がつけられた。光良氏は、メロディーそのものに「夢、愛、信」という3つの思いをこめている。だから、中国語の歌詞の意味はわからなくても、何度も何度も聞きたくなる。世界中の人々が、言葉の壁を越えて、光良氏の美しい歌声とメロディーに聞き惚れ、そして心を奪われた。

 ちなみに「童話」の編曲者は日本人で、当時のMVには、あのころ話題になった日本の映画が登場するなど、わたしたち日本人にもうれしいエピソードも。

「第一次」「童話」「天堂」と次々にヒット曲を世におくりだした光良氏は、今や「ラブソングの王子」とよばれ、知らない華人はいないほどの存在。そして今回、念願の日本での初コンサートが開催される。

「日本のファンが毎年カードを送ってくれました。そこには“日本でのコンサートを心待ちにしている”と何度も何度も書いてありました。ずっと夢にみていた日本でのコンサートが実現できて、本当にうれしい。多くの方に、本当に感謝しています」と語ってくれた光良氏。この貴重な、貴重な、機会を見逃さないで。コンサートは、2018年3月18日(日)、お台場Zepp Tokyo、17時開場。まだチケットは入手可能、とのこと。(詳細は文末を参照)


2006年、クアラルンプールのブキッジャリルのスタジアムで開催されたコンサートの様子。(写真提供:星娛音樂XYmusic)

2006年にブキッ・ビンタンの町に飾られていたポスター。筆者が車のなかから撮影。

人生はおとぎばなし。

 2006年、台湾で活動していた光良氏が、故郷マレーシアで初めてコンサートを開いた。

 当時筆者は、クアラルンプールで暮らしていた。同僚のマレーシア人の車にのると、いつも「童話」がかかっていて、家では童話のアルバムをいつも流していた。コンサート直前になると、繁華街ブキッ・ビンタンには、高架下に高さ3メートルほどの巨大ポスターがいくつも飾られ、いつかコンサートに行ってみたいなぁ、と思いながら、それを眺めていた。

 あれから12年、まさか光良氏にインタビューができるなんて。そんな日がくるなんて。

 そうだ、人生はおとぎばなし。かならずハッピーエンドが待っている。
 夢と愛、そして信じる心さえあれば。


<公演情報>

光良 第一次 東京演唱會
Michael Wong 1st concert in Tokyo

出演者:光良 (Michael Wong)
公演日:2018年3月18日(日)
会場:Zepp Tokyo
料金:指定席 ¥8,500 (税込)
年齢制限:3歳以上チケット必要
開場 / 開演:17:00 / 17:30
主催:ディスクガレージ
企画 / 制作:BABEL / XYmusic
協力:LIFE
お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)

演出公告:
http://www.diskgarage.com/feature/michael_wong/
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 (Pコード:105-903) ※要Pコード
http://w.pia.jp/t/michaelwong/

e+
http://eplus.jp/michaelwong/

ローソンチケット
TEL:0570-084-003(Lコード:71114) ※要Lコード
http://l-tike.com/michaelwong
http://www.diskgarage.com/feature/michael_wong/

※ 日本での初コンサートの様子、そして光良氏のロング・インタビューは、後日、マレーシア文化通信『WAU』に掲載します。音楽への思い、美しいメロディーのインスピレーションの源、故郷マレーシア(イポー)の好きな料理など、プライベートの顔にも迫ります!こうご期待。

Special Thanks: Makiko Kawamura, Cheah Khaishin

[この記事は Hati Malaysia (マレーシアをディープに伝える)Web記事より転載しています]

関連記事

  1. dancyu, Feb2017号で、シャングリ・ラ ホテル東京の…
  2. 「ガーデンクリニック広尾」体験レポ。英語も日本語も対応可のマレー…
  3. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ラン…
  4. レポート。マレーシア料理教室(終了)客家料理、野菜たっぷりルイ茶…
  5. アセアンフェスティバル2013、横浜山下公園
  6. Hati Malaysia 文化講座(終了・レポート)2月1日(…
  7. 家で楽しもう! 現地のマレーシア料理情報 Delivery &#…
  8. (終了)カフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」のメニュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. クエゴヤン
  2. ヤムケーキ
  3. チュクドゥ
  4. バフル
  5. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  6. 【Crea Web記事更新】ドリアン餡の月餅が驚きの美味しさ! もちもち皮×濃厚ドリアンの相性抜群
  7. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)辛味調味料「サンバル」Jom makan sambal at each home
  8. 東京・下北沢「圧延・ジャパンミー」 自家製麺のドライ・チリパンミー専門店
  9. 持ち帰りできるマレーシア料理11選 お弁当からスイーツまで現地の味揃い
  10. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。