ピックアップ

沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」

自然派食堂 タマテバコ / tamatebako

看板メニュー「ラクサ」880円(税込 / ハーフサイズ550円)。ラクサに必須の食材、ウコン(ターメリック)、エシャロット、レモングラスなどはすべて地元の沖縄産。地理的共通点から、沖縄の食材はマレーシア料理を作るのに最適!

 店主の玉置さんは、日本のマレーシア料理店で食べた「ラクサ」の味に惚れ込み、マレーシア現地のラクサ店を食べ歩いて味を研究したあと、2020年の8月、沖縄に念願の店をオープン。もちろん看板メニューは、迷うことなく「ラクサ」で決定!

 なんと、このラクサ。動物性食材を一切使用しない「ベジ・ラクサ」。それでいて「現地で食べた味と同じ!」とお客さんからいわれるほどの完成度というからすごいんです。

 秘密のレシピをこっそり教えてもらうと、スープの素となるペーストには、ウコン、生姜、レモングラスの茎、島ニンニク、島唐辛子、エシャロットなど、いずれも沖縄産の無農薬のものを使用。そこに「ひしお」とよばれる自家製調味料を加え、甘みとコクをアップ。さらに、琉球王朝時代から伝わる沖縄の伝統発酵食品「豆腐よう」の汁を隠し味に。ペーストを香ばしく炒めたら、こんどはスープに沖縄産のパクチーの根、カレーリーフなどを加えて、ことこと煮込むこと約1時間。これがスープのベースで、ココナッツミルクは注文が入ってから加えます。「ココナッツミルクの甘い香りをより感じられるよう、工夫しています」と玉置さん。ほんっと、細部までていねいに作られているんですね。

 なぜラクサをベジオンリーで作ったかというと「さまざまな文化や宗教。またアレルギーなど食事の制限がある方も、そうでない方にも、すべての人にラクサを楽しんでほしかったから。また食の多様性を感じて欲しいんです」という玉置さんの思いから。

 そもそもラクサとは、マレーシア現地でも、その土地のご当地ヌードルとして発展してきたもの。そういう意味でも、沖縄の“タマテバコ式”ラクサは間違いなくラクサです。

 玉置さんの夢は「沖縄で、もっとラクサの魅力を伝えること。というのも沖縄は、琉球王朝時代にマレーシアのマラッカと長い間交易をしていた記録があり、とても歴史的に関係のある場所だから。沖縄からマレーシアを知ってもらえる店になりたい」。沖縄に行ったら、かならず行きますよ~。お近くにお住まいの方、みなさまぜひ!!

自然派食堂「タマテバコ」 / tamatebako

住所:沖縄県那覇市牧志3-10-7
電話: 098-943-2567
営業時間:月〜金 17:00〜23:00 (22:00 L.O)
     土日祝 15:00〜23:00 (22:00L.O) 
     木曜定休
※最新の営業時間はお店のInstagramで確認を
席数:14席
Web  https://www.instagram.com/tamatebako_okinawa/
※持ち帰り可。また、ラクサだけでなく、皮から手作りする「島豆腐の小籠包」、台湾名物の丼ぶり「ベジルーローファン」の店の人気メニュー!

関連記事

  1. 開催決定! マレーシア文化オンライン講座_第3期(2021年8月…
  2. おいしいの3つの要素。サイエンス・カルチャー・ノスタルジック
  3. レシピ集を販売します。マレーシア人に習った50のレシピ Mala…
  4. 「富士そば」の限定メニューに「肉骨茶(バクテー)そば」登場
  5. 【11月1日】トークイベント。マレーシアフードカルチャー散策(オ…
  6. 書籍『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版 released…
  7. マレーシア人の民族性と食文化
  8. マンゴツリーのオリジナル生米麺『クイッティオ』を試してみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催します
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。