日本

サンシャワー:東南アジア現代美術展関連イベント、映画鑑賞

Movie and talk show Report,22/Jan/2017

国立新美術館で映画観賞&トークショー。映画はマレーシア映画『細い目』(ヤスミン・アフマド監督)とシンガポール映画『Sandcastle』(ブー・ジュンフェン監督)。映画のなかの、さまざまな言語が飛び交う世界に心地よさを感じるのは、わたしがマレーシアで暮らしていたからなのかな。

人のつかう言語が変わっても、人のこころは変わらないと思う。言語が違うから通じないことは、言語が同じでも通じないと思う。

でも、好きな人と同じ言葉を話したいと願い、話してくれてうれしく思うのも人のこころだと思う。

トークで印象的だったのは「建国50年のシンガポールは、あらゆる実験を試みながら前に進んでいる。国としての言語の選び方もそのひとつ。だからいろんな結果が今は出てきている。また、すこしでも気を抜いたら国という存在がなくなってしまう、という危機感が絶えずある。だから独立記念日には国の歌を作って国民を鼓舞していたのでは」という滝口健さん(アジアン・シェイクスピア・インターカルチュラル・アーカイブ副代表/翻訳エディター)の言葉。

「(シンガポール人は、もしくは、マレーシア人は)誰ひとりじぶんの言葉が100%伝わるとは信じていない。その限界のうえで、たえずやっている」というのも。そのとおりだと思った。

それにしても、何度みても『細い目』(セペ)はすばらしい。冒頭、ジェイソンがインド人の詩をよみ、お母さんがマレー語で話しかけ、ジェイソンが中国語で答えるシーンだけで、心をわしづかみにされる。そして、オーキッドを心配するお父さんが、ひょうひょうとしているお母さんに対して「女ってものは一生理解できないな」と言ったとき、お母さんがお父さんに、こう伝える。「理解しなくてもいいの。ただ愛せばいいの」。この言葉にすべての答えがある気がした。

関連記事

  1. おすすめ! 60名様限定KLツアー(募集終了)。5つ星ホテルに泊…
  2. マレーシアを舞台にした映画『鳩 Pigeon』が東京国際映画祭で…
  3. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシ…
  4. 更新。マレーシア料理店、ネット販売など営業状況まとめ(5日26日…
  5. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  6. 「富士そば」の限定メニューに「肉骨茶(バクテー)そば」登場
  7. アジア4か国食べ比べ(終了)。魅惑のおやつ豪華12種&トーク付き…
  8. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。