おやつ

ロジャ(揚げ物バージョン)

Rojak ・ Passembur

シャキシャキ野菜と揚げもののコンビ

甘いソースに一瞬たじろぐが、基本的にはさっぱり味

ロジャは、色んな具にソースをかけ、混ぜて食べるおやつです。中国系(フルーツタイプ)、インド系(野菜天入り)、ジョホール系(空芯菜と干しイカ入り)など、民族や地方によっていろんなロジャがあり、それぞれ具やソースが違います。サラダと表現されることもありますが、日本人のサラダ感覚からはほど遠く、厚揚げや海老のかき揚げなども、具のひとつとしてカウントされています。今回紹介するのは、インド系のロジャ。Passembur(パッセンボー)とも呼びます。メインの具は、厚揚げなどの豆腐類、そして揚げもの。揚げものには野菜や海老が入っていはいるものの、どちらかといえば水で溶いた小麦粉を揚げたもので、小麦揚げ団子といった感じです。ペナンで食べたロジャ(写真)は、青海苔をねりこんだ小麦揚げ団子が入っていて、これはこれでおいしかった~。そこに、シャキシャキ食感のセンクアン(蕪の一種)とキュウリの千切りをざくざくのせ、店特製のソースをどばっとかけて食べます。このソース!はじめて食べたときは目がまんまるに。甘くて、ピリ辛で、そして甘い。濃厚でもあります。お店の人に聞いてみると、このソースは揚げ玉ねぎをそのままペーストにしたものだそう。たしかに揚げ玉ねぎの味がする…。ロジャにハマったら、あなたもマレーシアから抜け出せなくなるでしょう。

Memo
インド系のロジャは、サラダらしい具なのに、ソースが甘いので、サラダというよりもおやつ向き。ただお店によっては、さっぱりチリソースがかかっているときもある。ペナンは、ガーニードライブの屋台街にあるロジャ(パッセンボー)店も有名。「ロジャ~ロジャ~」と歌いながら盛り付けしてくれる。

Photo

ペナン、3リンギット、2016年

関連記事

  1. アイスカチャン
  2. サンハーミー
  3. ピサンゴレン
  4. フィッシュヘッドヌードル
  5. ルイ茶
  6. カヤトースト
  7. バナナリーフカレー
  8. ポークボールミー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  2. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  3. アジアごはんズVol.7開催決定!(参加者募集スタート)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
  4. 屋台祭り(満席)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  5. マレーシア料理教室(募集中)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  6. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo
  7. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood tour report in Kuching
  8. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  9. レポート。屋台祭り(終了)5月26日(日)「ロティ祭り&タンドリーチキン」Malaysian Roti, Murtabak and Tandoori Chicken
  10. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。