ジャーナル

プカサン・イカンを調理してみました

Pekasam Ikan 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-11-03

友人のハニサさんからいただいた「プカサン・イカン Pekasam Ikan」を調理してみました。

ケダ州ほか、マレーシアの海辺の町でよく食べる“塩漬けにした魚”です。つぶつぶしているのは米で、茶色になるまで炒め、それを砕いてから魚、塩と一緒に漬け込みます。

これ、まさしく、日本のお寿司の原点といわれる“なれずし”の手法と同じ。なれずしは、“おもに魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品”であり、つまり「プカサン・イカン」なのです。ハニサさんからいただいたのは、Nazriさんが作ったパック入りのプカサン・イカン。あけてみたら、ピカピカに真っ白な美しい魚(ティラピアかな)で驚き! 多めの油で、玉ねぎとチリを加えて揚げ焼にしました。こちらが完成図。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-13-24

思ったよりも匂いは少なくて、たとえるなら、八丈島のクサヤをふわっと思い出させるぐらい。しょっぱさは100点満点で、ご飯に合います。とっても感激。これ、すしの原点なんだ。Sedap!! Pekasam Ikan !!

ちなみに、下の写真が、マレーシアのアロースターという海辺の町でみた魚屋さん。プカサン・イカンのオンパレード。いろんな魚の種類がありました。

この売り場は猛烈な匂いがしていましたが(発酵した魚の匂い)、いただいたパックのものはぜんぜん匂いせず。不思議。

アジアと日本の食文化、つながっています!

関連記事

  1. チキンライスに必須!シャキシャキ“もやし”に迫る!
  2. 生ココナッツを販売する「ココクレイズ」。青山から新宿駅近に移転
  3. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…
  4. ロイさんとチャーさんが教えてくれたこと
  5. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊…
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. マレーシア東海岸の魅惑の調味料ブドゥ
  8. びっくり食体験 骨のありがたみ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  2. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  3. アジアごはんズVol.7開催決定!(参加者募集スタート)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
  4. 屋台祭り(満席)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  5. マレーシア料理教室(募集中)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  6. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sarawak, Borneo
  7. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood tour report in Kuching
  8. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  9. レポート。屋台祭り(終了)5月26日(日)「ロティ祭り&タンドリーチキン」Malaysian Roti, Murtabak and Tandoori Chicken
  10. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。