ジャーナル

プカサン・イカンを調理してみました

Pekasam Ikan 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-11-03

友人のハニサさんからいただいた「プカサン・イカン Pekasam Ikan」を調理してみました。

ケダ州ほか、マレーシアの海辺の町でよく食べる“塩漬けにした魚”です。つぶつぶしているのは米で、茶色になるまで炒め、それを砕いてから魚、塩と一緒に漬け込みます。

これ、まさしく、日本のお寿司の原点といわれる“なれずし”の手法と同じ。なれずしは、“おもに魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品”であり、つまり「プカサン・イカン」なのです。ハニサさんからいただいたのは、Nazriさんが作ったパック入りのプカサン・イカン。あけてみたら、ピカピカに真っ白な美しい魚(ティラピアかな)で驚き! 多めの油で、玉ねぎとチリを加えて揚げ焼にしました。こちらが完成図。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-13-24

思ったよりも匂いは少なくて、たとえるなら、八丈島のクサヤをふわっと思い出させるぐらい。しょっぱさは100点満点で、ご飯に合います。とっても感激。これ、すしの原点なんだ。Sedap!! Pekasam Ikan !!

ちなみに、下の写真が、マレーシアのアロースターという海辺の町でみた魚屋さん。プカサン・イカンのオンパレード。いろんな魚の種類がありました。

この売り場は猛烈な匂いがしていましたが(発酵した魚の匂い)、いただいたパックのものはぜんぜん匂いせず。不思議。

アジアと日本の食文化、つながっています!

関連記事

  1. マレーシアの伝統凧「ワウ」を作り続けて46年
  2. マレーシア土産は現地スーパーで! 発見したら即買いすべき8品は…
  3. サラワク州のバリオの塩 Bario Salt from Sara…
  4. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊…
  5. びっくり食体験 ショートケーキが匂う
  6. ボルネオ島の美食の町、クチンごはんツアー開催レポートFood t…
  7. びっくり食体験 屋台にパジャマ姿の子ども連れ
  8. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. (終了)8月31日・9月1日「マレーシアごはん祭り2019~Malaysia MAKAN Fest」ごはんと雑貨が横浜に集合!バティック体験、音楽演奏など盛りだくさん。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  2. 募集終了「マレーシアごはん 特製カルタ」読み札文募集!
  3. (満員御礼)マレーシアごはんツアー2019年10月「リゾート島ランカウイの美食。ラクサ、チキンライス、伝統菓子教室まで」Food tour in Langkawi
  4. 『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版のお知らせ released a book Malaysia Local Food
  5. マレーシア文化通信【WAU_Vol.20】伝統舞踊劇マヨンの舞踊家ロスナン・ラーマンさんインタビュー、ラマダンとハリラヤ、クエと和菓子
  6. レポート。屋台祭り(終了)6月16日(日)12:00「ハリラヤスペシャル!お祝い料理&スイーツ計11品 3500円」Malaysian Hari Raya special, Beaf Renadang and kuih etc.
  7. レポート。マレーシア料理教室(終了)客家料理、野菜たっぷりルイ茶 Malaysian cooking class, Lei cha
  8. レポート マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2018
  9. 鍋もカレーも世界遺産級の美味ぞろい! スパイス香る魅惑のマラッカ料理
  10. アジアごはんズVol.7(終了)2019年7月6日「東南アジア4ヵ国の麺比べ」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。