ジャーナル

プカサン・イカンを調理してみました

Pekasam Ikan 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-11-03

友人のハニサさんからいただいた「プカサン・イカン Pekasam Ikan」を調理してみました。

ケダ州ほか、マレーシアの海辺の町でよく食べる“塩漬けにした魚”です。つぶつぶしているのは米で、茶色になるまで炒め、それを砕いてから魚、塩と一緒に漬け込みます。

これ、まさしく、日本のお寿司の原点といわれる“なれずし”の手法と同じ。なれずしは、“おもに魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品”であり、つまり「プカサン・イカン」なのです。ハニサさんからいただいたのは、Nazriさんが作ったパック入りのプカサン・イカン。あけてみたら、ピカピカに真っ白な美しい魚(ティラピアかな)で驚き! 多めの油で、玉ねぎとチリを加えて揚げ焼にしました。こちらが完成図。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-20-13-24

思ったよりも匂いは少なくて、たとえるなら、八丈島のクサヤをふわっと思い出させるぐらい。しょっぱさは100点満点で、ご飯に合います。とっても感激。これ、すしの原点なんだ。Sedap!! Pekasam Ikan !!

ちなみに、下の写真が、マレーシアのアロースターという海辺の町でみた魚屋さん。プカサン・イカンのオンパレード。いろんな魚の種類がありました。

この売り場は猛烈な匂いがしていましたが(発酵した魚の匂い)、いただいたパックのものはぜんぜん匂いせず。不思議。

アジアと日本の食文化、つながっています!

関連記事

  1. 連載中! タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.03
  2. 10種のクッキングソースが日本上陸! マラッカからボルネオの味ま…
  3. レポート(終了)10月16日(水)13時『マレーシア 地元で愛さ…
  4. 三越伊勢丹のお中元2020にハラールセレクション。おすすめはチー…
  5. 書籍『マレーシア 地元で愛される名物食堂』出版 released…
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. 連載中! タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.02
  8. おうちで簡単「ぐるりマレーシアごはんシリーズ」。冷凍パック「ナシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11
  2. ドリアン販売「スマートトレンド」最高級品種の猫山王が人気!
  3. ナシクラブ
  4. 渋谷西武「偏愛食堂」(終了) マレーシア料理「青いニョニャ・ナシレマッ」Blue Nyonya Nasi Lemak at HENNAI SHOKUDO, Shibuya
  5. 「家族の歴史が映る食卓」タリナ先生にインタビュー
  6. 告知動画ができました! タリナ先生に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  7. 4月開催決定・募集中です。マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  8. オンライン・屋台祭り(終了)「わたしのナシレマッ自慢」 persona Nasi Lemak story
  9. 沖縄・那覇「自然派食堂 タマテバコ」 沖縄の食材で現地の味に仕上げた「ベジ・ラクサ」
  10. Otoサロン「WAU Cafe」肉骨茶(バクテー)の作り方(終了)(マレーシアとシンガポールの2種)
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。