イベント

屋台祭り(終了)10月21日(日)「酢鶏とロジャ最高!マレーシアのパイナップル料理がアツい!」Special Malaysian Nasi Goreng and Chicken chop with Pineapple

マレーアジアンクイジーン横浜店 屋台祭り Malaysian Kopitiam Event 第36弾 終了

 屋台祭り初めての“素材”に焦点をあてた企画、大成功でした。テーマになった素材はパイナップル。「パイナップルがナシゴレンに合うんですね」「ソースにパイナップルを使うのが新鮮!」「マレーシアのパイナップルは、細長いのより丸型のほうが甘くて、サバ州のものがおいしいと言われている」など、いろんなパイナップルネタで盛り上がりました。

 こちらが提供した料理。上より右回りで、パイナップル入りナシゴレン、パイナップルソースがけチキンカツ、ロジャ。

 みんなの思い出話も楽しかった。リンさん「地元では甘いパイナップルはあまりなかったので、塩や梅パウダーをつけて食べていました」。レオンさん「父が果物農園を管理していて、ドリアンやジャックフルーツはいつもうちで育てたものを食べていました。パイナップルは育てていなかったので、週に1回ぐらい、売れ残った果物どうしを物々交換をし、父が仕入れてくるのです。パイナップルは皮が硬いので、剥くのは父の仕事。食後、パイナップルを剥いてくれた父の姿を思い出します」。

 ウィルソンさんは、パイナップルよりもパパイヤが好き。子どもの頃は毎日パパイヤを食べていたそう。アシャフさんは、ロジャが大好きだけど、果物よりも揚げパンや油揚げが好きで、いつもロジャは果物抜きで注文していたそうです。

 私のパイナップル思い出といえば、けっこう最近のことですが、初めて皮を剥いたときは感動したなぁ~。まさかパイナップルの皮を剥く日がくるなんて、子どものときは思ってなかったなぁ~。

 素材テーマ、今後も続けていこうと思います。タマリンド(アッサム)や米麺のクイティオなど、よいかもです。参加して下さった皆さま、ありがとうございますした。(音)


告知文

先日台風で延期になった屋台祭り、10月21日に開催します。再度募集します!

 マレーシアの屋台文化を体験しよう!お客様の目の前で料理の仕上げをおこない、リクエストに応じて取り分けるスタイルのごはんイベントです。※今回は、《横浜店》で開催します。

 今回は、はじめてのフルーツ企画! マレーシア人が大好きなパイナップルを特集します。

マレーシア人が大好きな「パイナップル」を使った料理が3品ならびます!

 甘くて辛い(!)スパイシー・ナシゴレンはキンシェフの自信作。 酢鶏に近いパイナップル・チキンカツは、マレーシアでよく食べられている料理です。そして、マレーシア人が愛してやまないロジャ。甘辛ソースであえたパイナップル、きゅうり、揚げパンに、香ばしいピーナッツ加えたおやつで、これがやめられない、とまりません! もちもちのおやつもパイナップル味が登場します。

 南国マレーシアは果物天国。マンゴー、パパイヤ、ランブータン、マンゴスチン、スイカ、バナナ、パイナップルなど多種の果物が市場にずらっと並ぶ光景は圧巻! なかでも、いつ見てもびっくりするのが、パイナップルの種類の多さです。

 産地によってトゲの形や皮の色が違い、酸味と甘みに違いがあるのだそう。これらのパイナップルをジュースにしたり、料理に使ったり、デザートにしたりと、マレーシアのパイナップル料理は多彩。そこで今回は、甘酸っぱいパイナップル料理をマレーシアらしい料理でおとどけします。甘くて辛い(!)スパイシー・ナシゴレンはキンシェフの自信作。 酢鶏に近いパイナップル・チキンカツは、マレーシアでよく食べられている料理です。

「ナシゴレン・スパイシー・パイナップル」(写真奥)、甘酸っぱいパイナップルソースをかけた「チキンカツ・スイートサワー・パイナップルソース」

 わたし、マレーシアでパイナップルを使った料理の味にめざめました。甘酸っぱい味が、料理に深みを加えるんです。南国ならではのトロピカル料理をこの機会にぜひ!ご予約おまちしています。☆お席は相席でのご案内になります☆

日時:2018年10月21日(日) 14:30~16:30 
date:on Sunday, 21/Oct/2018 14:30~16:30 

開催場所:マレー・アジアン・クイジーン@横浜

住所:横浜市中区山下町82-3 ベルハウス元町1F 
Tel: 045-307-9839

place: Malay Asian Cuisine @YOKOHAMA

Address: 1F, 82-3 Yamachita-cho, Naka-ku, Yokohama, Kanagawa
Tel:045-307-9839

※横浜店で開催します。
Please come to Yokohama branch (not Shibuya)

参加費&メニュー

Price 2500 yen (included teh tarik ) Menu(3 dishes + drink)

・ナシゴレン・スパイシー・パイナップル
・チキンカツ・スイートサワー・パイナップルソース
・ロジャ
・デザート
・ソフトドリンク Juice 飲み放題
・テタレ Teh Tarik

催行人数: 15~30人
pax 15~30

予約: マレーアジアンクイジーン横浜店(045-307-9839)、またはマレーシアごはんの会・音宛oto@malaysianfood.orgにて、メールにてお申込みください。
Booking 045-307-9839 (Malay Asian Cuisine, Yokohahama)
※飛び込み参加も歓迎ですが、材料が無くなる場合もあるので、ご予約をおすすめします。

※毎月開催しているこのイベントは、今回で36回目。シェフと参加者が直接会話し、おすすめの食べ方を教わったりと、マレーシアらしいアットホームな雰囲気です。マレーシア現地の屋台の様子をスライドにて紹介することもあります。(下記は屋台祭りのいつもの様子です)

関連記事

  1. (終了)8月31日・9月1日「マレーシアごはん祭り2019~Ma…
  2. 屋台祭り(終了) 11月5日(日)「ロジャとビーフン炒め」Mal…
  3. アセアンフェスティバル2013、横浜山下公園
  4. Report「マレーシアごはん祭り2019~Malaysia M…
  5. マレーシアごはんの会Vol.6。代々木公園にてポットラック
  6. 屋台祭り(終了・レポート)4月27日(土)「濃厚海老だし、その名…
  7. マレーシアごはんツアー2018年10月(満員御礼!)「ボルネオ島…
  8. マレーシアごはんイベント「春節・イーサン2019」レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 家庭の味「小松菜と煮干し炒め」のレシピ
  2. ロティボーイ
  3. プトゥバンブ
  4. プルッウダン
  5. マレーシアのホテル朝食が美味&安い。ナシレマッにお粥、麺まで驚きの種類
  6. パイナップルタルト
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.23】民謡ムジク・アスリの歌手に注目、定番の調味料図鑑、伝統芸能マイン・プトゥリ
  8. People 牛田うっしぃさん 旅するパクチー人
  9. クエシプ
  10. クエカペ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。