ごはん&麺

サンハーミー

Sang Har Mee 生虾面

紅白歌合戦の大トリのような大物感!ビッグ海老麺

たとえるなら皿うどんの王様のような味。海鮮&麺好きは必食

マレーシアに暮らす日本人のあいだで、“海老麺”または“海老そば”という通称で親しまれている料理。正式名は中国語をそのまま読んで「サンハーミー」。英語で「ビッグプロウンヌードル」といっても通じますが、これが「プロウンミー」といってしまうと、あっさり海老スープ麺になってしまうので、ややこしい。この料理、かなり濃厚です。長崎皿うどんのようなパリパリの揚げ麺に、どでかい茹で海老、トロッとした餡。この餡、蟹味噌ぐらいのコクがあり、これだけでご飯2膳、ビール2本は軽くイケる。いつも、この餡と麺に夢中になってしまい、メインの具の海老はいきおいだけで食べてしまうのですが、あとから考えてみると、海老のプリプリの食感もなかなかのものです。長さ30センチ近いサイズも圧巻で、紅白歌合戦の和田アキ子さんのような存在感を放っております。そのため、最後のシメの麺として食べるには、かなりの余力を残しておかなければいけません

Memo
この巨大海老は川海老(淡水海老)で、マレーシアの中国系のシーフードレストランではよく食べられます。お値段はお高めですが、とてもおいしい。

Photo
クアラルンプール、インビ通り脇の「Soo Kee Mee Stall」、25リンギット(2~3人前)、2009年

関連記事

  1. 巨大カレーパン
  2. チキンウィング
  3. チャークイティオ
  4. パンミー(スープ)
  5. ナシレマ三角
  6. ロジャ(果物バージョン)
  7. チリパンミー
  8. チェンパダ・ゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。