ピックアップ

マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より

Part 2  おすすめのマレーシアのニョニャ料理、ニョニャクエ、18選!

※ ASEANヘリテージトレイル ウェビナーカラフルなプラナカン文化で講演した内容をまとめました。講演動画は下記YouTubeよりどうぞ(30分程度)。下記のテキストは、講演の内容を加筆してまとめたものです。(Part1 はこちらより

※ 料理説明後にマラッカ or ペナンと記載しているのは、その土地で人気のニョニャ料理という意味。両方で食べられるものは併記しています。

■前菜

パイティー Pie Tee(左)
帽子型のパリパリのカップ(小麦粉を揚げたもの)に、味つけしたクズイモ(大根と梨の中間のような野菜)、椎茸、卵焼きなど多種の具を詰めたもの。ひと口サイズで多彩な味覚が楽しめる凝った前菜で、チリソースをかけて食べる。オランダ料理由来といわれ、トップハットという別名がある。(マラッカ、ペナン)

オタオタ Otak Otak(右)
魚に、ハーブ、ココナッツミルク、卵を混ぜて蒸したもの。マレーシアのオタオタは3種あり、ペナン・ニョニャはやわらかくてムース状(写真)。マラッカ・ニョニャは弾力がありスパイシー。マレー系は定義のように細長く、蒸すのではなく炭火で焼く。タイ料理のホーモックにそっくり。(ペナン、マラッカ)


ポピア Popiah(左)
具だくさん春巻き。小麦粉の皮に甘辛ソースを塗り、味つけしたクズイモ(現地ではセンクワン、バンクワンという)、キュウリ、卵焼きなど多種の具を巻いたもの。食べごたえがありながら、野菜たっぷりなのでさっぱり食べられる。なお、マレー系のポピアはひと口サイズの揚げタイプ。(マラッカ、ペナン)

ジュフチャー Jiew Hu Char(右)
クズイモを細かく切って、サキイカ、豚肉などを一緒に醤油などで味つけしたもの。日本の切り干し大根のような味で食べやすい。具を細切りにするのがポイントで、正確に作ることを要求されたニョニャ料理の象徴では、と想像。ちなみに上記に紹介したパイティー、ポピアの中身はよく似た味。(ペナン)

※そのほか、ロバッ Lobak、クラブティムン Kerabu Timun、チンチャロ・オムレツ Cincalok Omeletteもおすすめ。


■メイン

ニョニャラクサ Nyonya Laksa(左)
マレーシアに数あるラクサのなかで、リッチ度No.1。海老だしをベースに、ココナッツミルクをたっぷり加え、スパイスやハーブなど多彩な食材で作る濃厚カレー麺。つけダレのサンバルブラチャンを好みで加え、辛くして食べる。(マラッカ)

アヤム・ブアクルア Ayam Buah Keruak(右)
マングローブの木の実ブアクルアと鶏肉をスパイスで煮込んだ料理。珍味といわれるブアクルアの独特な香り(チョコレート、ナッツ、トリュフのようなイメージ)が、えもいわれぬ味わい。栗のような硬い実の中身も小さなスプーンでほじって食べる。(マラッカ)


ルンダン Rendang
ココナッツミルクとスパイスで煮込んだ肉料理。鶏(アヤム)、牛(ダギン)、ときに羊(カンビン)がある。マレー料理としても人気で、ニョニャのルンダンの特徴は、コブミカンなどのハーブの香りがさわやかで、汁が多め。※ニョニャ料理とマレー料理の共通点はとても多い。(マラッカ。ペナン)

カリーカピタン Curry Kapitan
イギリス植民地時代、カピタン(キャプテン)に提供されたといわれるチキンカレー。鶏肉、レモングラス、コブミカンなどのハーブに、ココナッツミルクでまろやかに仕上げたもの。唐辛子の辛さはひかえめ。(ペナン)


ウダンナナス Udang Nanas(左)
海老(ウダン)とパイナップル(ナナス)のココナッツミルク煮込み。黄色はターメリックによるもの。パイナップルの甘酸っぱさを調味料として活用。海老だし、ココナッツミルクのクリーミーさ、唐辛子の辛みもしっかり。甘酸っぱく、辛くて、濃厚、という魅惑の味。(マラッカ)

バビポンテ Babi Pongteh(右)
ニョニャ料理の代表料理である、じゃがいもと豚(バビ)の煮込み。豆鼓、しょうゆなどを加えて煮込む料理で、日本の肉じゃが似。汁がとろっとしているのはすり潰した玉ねぎによるもので、野菜の甘みも特徴的。豚または鶏(アヤム)を使う。(マラッカ)


ナシウラム Nasi Ulam(左)
コブミカン、レモングラスなどのハーブを細かく刻み、ご飯に混ぜたもの。ターメリックで色をつけ、煎ったココナッツの実で香ばしさ、塩魚で塩味と旨味をつけている。さっぱりした香り豊かな混ぜご飯。女性にファンが多い料理。(ペナン)

アッサムプロウン Asam Prawn
こだわりの食材を使うのも、ニョニャ料理の特徴。新鮮な魚介が手に入る港町ペナンの自慢の味。マメ科の甘酸っぱいタマリンドで漬けた海老を香ばしく焼くだけ、というシンプルな味つけ。海老の旨味が楽しめる。(ペナン)


■おやつ(ニョニャ・クエ)

クエラピス Kuih Lapis(上・左)
餅粉にココナッツミルク、砂糖を加えて蒸したもの。ういろう似で、やわらか食感。一層ずつ同じ厚さで蒸しあげ、しましまに仕上げる。

アンクークエ Ang Ku Kuih(上・中央)
亀の甲羅を模った祝い菓子。緑豆餡、ピーナッツ餡、小豆餡などをやわらかなもち粉の生地で包んだ大福のような味。未来への希望を表した赤色が基本で、緑はパンダンリーフというハーブ、黒は黒米を練り込んだもの。

オンデオンデ Onde Onde(上・右)
パンダンリーフで、甘い香りをつけ、緑色に仕上げたやわらかな団子。なかに椰子砂糖のシロップが入っている。外側にまぶしてあるのはココナッツの実で香り豊か。

クエスリムカ Seri Muka(下・左)
マレーシア版おはぎ。もち米とココナッツクリームの2層になっている。パンダンリーフで香り付けしたココナッツミルクが甘くてもち米によく合う。

パイナップルタルト(下・中央)
パイナップルジャムのクッキー。八角やクローブなどのスパイスがほのかに香るジャムが大人向け。写真の丸型タイプのほか、ジャムを中に包むタイプなど、様々な形のバリエーションがある。

チェンドル Cendol(下・右)
ココナッツミルク、椰子砂糖のシロップ、小豆入りのかき氷。緑豆粉で作ったぷるぷる食感のゼリー状のものが特徴。日本人にも人気が高い。

※クエは、マレー語でおやつ(お菓子)のこと。福建語の「粿(クエ)」(米を使って加工したもの)が由来といわれる。ニョニャ・クエはとても人気で、現在は、マレーシア各地で地元のお菓子として親しまれている。

■おすすめのニョニャ料理レストラン(in Malaysia)

●マラッカ(ムラカ) 

・ナンシーキッチン Nancy’s Kitchen  ・・・メニュー多彩、ノンハラル
・ババチャーリーカフェ Baba Charlie Café ・・・ニョニャ・クエ、ラクサなど
・マジェスティック・マラッカ The Majestic Malacca ・・・クリスタン・アフタヌーンティーが名物

●ペナン

・クバヤ・ダイニング・ルーム Kebaya Dining Room・・・セブン・テラス内の瀟洒なレストラン
・ニョニャ・パラゾ Nyonya Pallazo  ・・・ プラナカンション(博物館)内のレストラン・モーテンピョウ Moh Teng Pheow Nyonya Kueh ・・・ ニョニャ・クエ専門店

●クアラルンプール

・ニョニャカラーズ Nyonya Colors ・・・ ニョニャ菓子と軽食。KLCC内、KLIA2にも店舗あり
・オールドチャイナカフェ Old China Café ・・・ セントラルマーケット2F(1st Foor)、メニュ―豊富

■作ってみたい方へ ニョニャ料理のレシピ

アッサム・プロウン Asam Prawn

■材料 (2人前)
・ 海老 8匹(殻付きのまま)
・ タマリンドペースト 大さじ2
・ 砂糖 小さじ1
・ 中国醤油 小さじ1
・ サラダ油 大さじ3(炒める用)
■材料 (2人前)
1 海老の頭のとんがっているところ、背ワタを取り、殻ごと綺麗に洗ったら、ペーパータオルで水気を取る。
2 ボウルにタマリンドペースト、砂糖、中国醤油を加えて混ぜたら、海老を入れて、30分ほど漬けこむ。
3 フライパンを熱し、大さじ3の油を加え、殻ごとよく炒める。食べるときは殻を剥いてどうぞ。

レシピ提供: タリナ先生
ニョニャのルーツを持つ、ペナン在のマレーシア人。なお、2022年6月に、オンラインにてタリナ先生の料理教室(第3期)開催決定! 後日、詳細を発表します。

■ニョニャ料理 参考資料

1  文化『マレー半島 美しきプラナカンの世界』イワサキチエ、丹保美紀 著
2  観光『カラフルなプラナカンの街 ペナン&マラッカへ』丹保美紀 著
3  食堂『地元で愛される名物食堂 マレーシア』古川音 著 
4  レシピ『A NYONYA INHERITANCE』(英語) by Perly Kee
5  器具&レシピ『nyonya heritage kitchen』(英語) by Ong Jin Teong
6  文化&レシピ『Penang Heritage Food』(英語) by Ong Jin Teong

★ 個人的におすすめ。Netflix 「彼岸の花嫁」★ 
マレーシア人作家Yangsze Choo氏のベストセラー「The Ghost Bride」原作のドラマ。ニョニャ料理がたくさん描かれている、というわけではありませんが、舞台は1890年代のマラッカで、プラナカン屋敷をイメージした家、人々の装い(ニョニャ・クバヤを着ています)、町の雰囲気、料理への考えなど、とても興味深いです。ストーリーも、ハラハラあり、ファァンタジーあり、で楽しいです!

■日本でニョニャ料理を楽しみたい方へ

・「マカン マカン」神奈川大和のシンガポールレストラン・・・ニョニャラクサ、週替わりでバビポンテ
・「マレーアジアンクイジーン」渋谷・横浜のマレーシアレストラン・・・ラクサ、ルンダン

・YOUKI 食品「ニョニャカレーペースト」・・・好みの具材を加えて自宅でニョニャカレーが作れる
・馬来風光美食監修「ルンダン」レトルト・・・温めるだけでルンダンが楽しめる

関連記事

  1. マレーシア文化通信【WAU_Vol.24】華麗なる現代の民族衣装…
  2. クトゥパ
  3. 五感を刺激する進化系マレーシア料理「DEWAKAN」
  4. 「華人文化、中元节の料理」 タンマリのマレーシア家族のごはん V…
  5. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南…
  6. カルディコーヒーファームで買える 【リピ決定】のマレーシア食品ガ…
  7. 期間限定でサンバル販売! マレーアジアンクイジーン渋谷店にて n…
  8. ナシチャンプル Vol.2

おすすめ記事

  1. 6月開催・募集スタート!マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン(ペナンから中継)
  2. 6月開催、マレーシア人に習う、マレーシア料理・ライブレッスン第3期 参加者募集します!(ペナンから中継)
  3. クトゥパ
  4. マレーシアのニョニャ料理、おすすめ18選。カラフルなプラナカン文化より
  5. マレーシアのニョニャ料理とは。カラフルなプラナカン文化より
  6. レマン
  7. ハリナシバチのはちみつ。味がいろいろって本当?
  8. Foodex Japan 2022 マレーシア関連ニュース
  9. 現地に瞬間移動したような再現度! ナシカンダー専門店が東京にオープン
  10. ナシトマト
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。