おかず

アヤムゴレン

Ayam Goreng

カリカリの皮にスパイスが集合。嚙むほどにアジアを感じる鶏の唐揚げ

マレーシアの鶏料理はおいしい。肉好きなら、鶏から攻めよ。

さまざまな宗教の人が暮らすマレーシア。食事の調理法や使うお肉は、それぞれの宗教のルールが反映されたものになっています。鶏はどんな宗教の人でも食べられるので、マレーシア人がよく食べるお肉といえば、鶏肉がNo.1。そのため、屋台やレストランは鶏料理に力をいれ、市場の競争原理で、鶏そのものの質もどんどんよくなっています。なので、マレーシアの鶏料理は、どこで食べてもほぼハズレなしなのです。さて、鶏料理といえばサテーやチキンライスを思い浮かべるかもしれませんが、たぶんサテーやチキンライスよりもマレーシア人がしょっちゅ食べているのが、この「アヤムゴレン」。アヤムとは鶏、ゴレンは揚げるという意味で、つまりは鶏の唐揚げ。マレーシア人も日本人なみに“鶏から”が大好きなんです。 特徴は、しっかり揚げられたカリカリの皮。かみしめるごとに、レモングラス、生姜、にんにく、カレーリーフなどの風味が豊かに広がり、これぞアジアの唐揚げ、という味。また“骨の周りの肉がおいしい”というマレーシアの美食原則にのっとり、骨付きの鶏肉を豪快に揚げているので、ケンタッキーぐらいの大きなサイズがほとんど。いつもお皿にのるとデカッ!と思うのですが、おいしいのでペロッと食べてしまいます。

Memo
アヤムゴレンは、マレーシア全土で食べられるポピュラーな料理。マレー系のレストランや屋台で提供され、味つけは店によっていろいろ。スパイスがきいたタイプ、黒醤油で漬け込んだコクのあるタイプ、ターメリックをまぶしたものなど、どれもおいしい。肉のジューシーさよりも、皮のカリカリ感が重視されてる。

Photo
日本在住ジジさんの家のアヤムゴレン。レモングラスの繊維がカリカリに揚がっていて、ひじょうに美味だった。上にのっているのは、素揚げしたカレーリーフ。

関連記事

  1. 点心・飲茶
  2. バクテー
  3. フィッシュヘッドカレー
  4. 巨大カレーパン
  5. チキンライス
  6. フィッシュヘッドヌードル
  7. クレイポットチキンライス
  8. 蟹の塩卵ソース炒め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。