ジャーナル

「クウクウの手料理」 タンマリのコラムVol.11

マレーシアのリアルな生活事情(今回は師匠の料理について)。華人系の嫁タンマリが、現地で暮らして感じたこと、自分のなかの変化、周りの人との関係などをつれづれに語ります。

日本人タンマリ。ダーリンは華人系マレーシア人。2018年の4月1日より、ダーリンの実家であるマレーシアのジョホールに子ども3人と移住。義父(タンpapa)、義母(タンmama)、義姉、長女8歳、次女5歳、坊3歳と計7人暮らし。ダーリンは日本で仕事。
 この連載について / タンマリと家族のプロフィール

Tanmari’s diary in Johor,

料理の師匠クウクウがやってきた!

6.Apr.2020 : My cooking master

 text and photo by Tanmari

 クウクウ(写真)とは、タンpapaのお姉さんのこと。御年80歳にもかわらず、孫6人、息子夫婦、旦那さんという家族10人の胃袋を満たすべく、毎日料理を作っている現役バリバリの主婦。料理上手のうえに、子守の名人でもある彼女が、わが家に短期間住みこんでくれることになった。

 私はクウクウのことが前から大好きで、とくに彼女の料理スキルに惚れこみ、いつか習いたいと思っていた。そこで、この機会を逃すまい、とクウクウが台所で何かを作り出したと思うと、いそいそと後ろについてその行程を見せてもらっている。あらゆる料理をパパっと作り、同時に義祖母(100歳)の世話をし、洗濯もして、とそのむだのない動きは、御年80歳とは到底思えない。

 そこで今回は、クウクウの手料理を紹介しよう。

 まず、これは「ルイ茶」。たくさんの野菜を切って炒めて、ご飯の上にのせ、そこにハーブやお茶で作った緑のスープをかけて食べるもの。とても手間のかかる調理工程で、中国正月のお祝い料理として作ってくれました。これが作っている様子。

とにかくたくさんの野菜を切って、炒めて。食べれば、ヘルシーなお茶漬け、という感じで、味はとても好みだった!

 これはラクサ。これもとんでもなく調理に時間がかかっていた。すごいな、クウクウ。手間をかけた味は、外で食べるラクサよりも、ずっとずっとおいしかった。

  自分で好きな具をのせて食べるスタイル。

 そしてこちらは『菜粿 Cai Kuih』というおやつ。いわゆる、点心ね。大根と梨に似た甘いシャキシャキした野菜、センクゥアンが入っている。野菜たっぷりでおいしい。

 おやつの定番、ピサンゴレンこと揚げバナナ。これは子供たちが大好きで、1週間に1回ぐらい作ってくれている。

 さらに、シャーピン(蝦餅)、自家製パン、ロティ・プランター、餃子など、クウクウに作れないものはない、と断言したくなるほどバラエティ豊かな料理の数々。日々、料理の腕を磨こうと台所で一緒に作業をしているが、80歳の主婦歴はさすがのひと言。私もこつこつ、料理の腕を磨いていこうと思っています!

★お知らせ★
note で連載しています! コメント、いいね!お待ちしています。

タンマリ@マレーシアど田舎華人嫁(三年目)

text and photo by Tanmari edit by Oto

関連記事

  1. 【マレーシアごはんの旅 ~ジョホール編】オンラインツアー
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. (満員御礼)マレーシアごはんツアー2019年10月「リゾート島ラ…
  4. 「マレーシア生活でのモーニングルーティン」 タンマリのコラムVo…
  5. マレーシアのオススメみやげ スーパーで買える伝統菓子ドドル
  6. ポスター制作しました。あなたの #思い出のマレーシアごはん 
  7. NHK BSプレミアム『美の壺:憩いのティータイム 紅茶』にテタ…
  8. 五感を刺激する進化系マレーシア料理「DEWAKAN」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 3月6~9日【パネル展&トーク】マレーシアごはん紀行展を開催
  2. マレーシアごはんカレンダー2024、販売完了。
  3. Instagramにて最新情報を発信しています。
  4. 朝ごはんもある!「マレーカンポン・コピティアム」
  5. 新宿にて「マレーシアフェア2023」開催決定! マレーシアグルメが大集合
  6. 調味料からマレーシア料理全体の味の傾向を探る
  7. マレーシア料理の地域性について考察
  8. アッサム・プダス
  9. マレーシア人の民族性と食文化
  10. ちまき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。