ジャーナル

びっくり食体験 屋台にパジャマ姿の子ども連れ

夜10時過ぎ、残業後に屋台に行くと、幼子を連れた家族連れの姿。マレーシアではよくある光景。

 

屋台は食卓です。

「うちのお母さん、料理しないの。だから家にはフライパンも鍋もない」という友人がいた。幼いころから、朝昼夜すべて外食。ごはんの時間になると、家族みんなで屋台に出かけるという。たしかにパジャマ姿の家族を屋台で見かけることは多い。

女性進出のカギ、屋台。

外食というより、“外で食べる食卓”である屋台。子どもの数が多いにも関わらず、意外にも、外で働く女性が多いのは、この屋台文化のおかげ。仕事が終わり、屋台の料理を持ち帰って食事にする。

DSC_1219 

結論。屋台からすべてが始まる。

家族との思い出、友人との語り、仕事の途中でかけこむご飯、恋人たちのたまり場。それらはすべて屋台が舞台。集う人の思いが濃厚に漂う、熱くておいしい場所なのだ。

関連記事

  1. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2017年9月
  2. 「忘れられないもやし」マレーシアごはんツアーinイポー レポート…
  3. マレーシア料理とは
  4. 現地ごはんツアー(終了)「マラッカのプラナカン文化、ニョニャ料理…
  5. ホテル情報。マレーシア初の「オートグラフ・コレクション」加盟ホテ…
  6. プカサン・イカンを調理してみました
  7. ブラチャンにかけた情熱。ペナン島とケダ州にて
  8. ナシレマが好きです[WAU No.10記事]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. Foodex Japan 2018 マレーシア関連ニュース
  2. クアラルンプールの紀伊國屋書店で『ナシレマ!』本、好評発売中
  3. 屋台祭り(募集中) 4月28日(土)「マレーシアンバーガーはすごい!」Malaysian Ramri burger and Pau Sambal
  4. カフェ「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」のメニューに「ナシレマッ」が登場!
  5. 販売書店が増えました! アマゾンでも好評販売中! 本『ナシレマッ!』出版のお知らせ released a book ‘NASI LEMAK’
  6. アジア4か国食べ比べ「カレー・パラダイス」 レポート
  7. 日本初のコンサート(終了)。マレーシア人歌手、光良氏が大ヒット曲「童話」にこめた思い。JAPAN First Concert 18th.March.2018
  8. 屋台祭り(終了) 3月25日(日)「俺のマレーシア菓子祭り」Malaysian kopitiam festival, Kuih mui and Mee Sambal
  9. マレーシア文化通信【WAU_Vol.15】リリース!
  10. 食事イベントVol.28(レポート)2月17日(土) ヤ~ムセン! 春節のお祝い料理「イーサン」で2018戌年の福を願おう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。