おかず

チキンウィング

Chicken Wing

炭火で手動、というレトロな焼き場。それでいて見事な焼き色

香ばしく炙られた鶏の手羽先。ビールのつまみにぴったり!

屋台の定番料理、炙り焼きの「チキンウィング(鶏の手羽先)」。屋外の焼き場にはチキンウィング専用の炭火焼マシーンが置かれ、料理人が鶏を刺した棒を手動でくるくる回しながら焼いています。余分な油は落ち、炭火効果で身はふっくら、肉質はジューシー。揚げていないので、脂っこさもゼロ。醤油ダレがしみ込んだ皮は、パリッとしたハリ感があってつやつや。添えられてくるチリソースをつければ、パンチのある辛さにもなります。ビールにも、ごはんにも、はしやすめにも、何にでも合うので、マレーシアに暮らしていたころは、かなり頻繁に食べていました。クアラルンプールの屋台街ジャランアローでもよく食べたし、スチームボートの有名店「スタジアムネガラ」のもおいしかったし、ボルネオ島コタキナバルの海辺の屋台でも注文。どれもおいしかったな~。焼きたてアツアツの状態で運ばれてきたチキンウィングをはふはふしながら口に放りこみ、ビールをぐいっと飲めば、まさにマレーシア、最高!の瞬間。この幸せな瞬間は、何年経ってもずっと忘れないのです。

Memo
マレーシア人シェフのチャーさんいわく、「マレーシアにいた頃は当たり前だと思っていたけど、よく考えたら、こんなに綺麗に焼けるのはすごい技術!」とのこと。たしかに火が一定でない炭火で、手動で焼いているのに、色むらなく焼けている。すごい技かも!

Photo
クアラルンプール、「ジャランアロー」、チキンウィング2リンギットぐらい、2010年

関連記事

  1. ナシゴレンパタヤ
  2. ロジャ(揚げ物バージョン)
  3. ピサンゴレン
  4. マレーシアの飲茶文化について、ペナンの大東酒樓で考えた
  5. ダックライス
  6. ビーフヌードル
  7. アイスカチャン
  8. フィッシュヘッドカレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り(募集スタート!) 3月30日(土)「マレーシアのビリヤニとサンバル」Malaysian Biryani & Sambal Petai
  2. マレーシア文化通信【WAU_Vol.19】表現者として活躍するシャリファ · アマニさん、イデル · プトラさんインタビュー&絶品朝ごはん
  3. マレーシア文化通信【WAU_Vol.18】名曲「童話」を歌ったアジアの情歌王子、光良さんにインタビュー
  4. マレーシア文化通信【WAU_Vol.17】コウケンテツさんがマレーシアの食文化を語る
  5. J-WAVE「ACROSS THE SKY」にてマレーシアの食文化トーク(3月16日まで視聴可)
  6. 春節のお祝い料理「イーサン」(終了)。2019猪年の福を願おう!横浜・元町中華街店で開催!2019年2月10日(14:00~)
  7. アジアごはんズVol.6(終了)2019年2月3日(12:00~、15:30~2回開催)「アジア料理にかかせない唐辛子タレ」に注目
  8. Hati Malaysia 文化講座(終了)2月1日(金)出張講座・マレーアジアンクイジーン横浜店
  9. マレーシア料理教室(終了)2019年1月12日(土)(たびっくす共同企画)丸鶏で調理するチキンライス、海老とすり身の豆腐揚げ。Malaysian cooking class, Chicken rice
  10. 屋台祭り(終了) 12月22日(土)「クリスマス記念。丸鶏一羽のローストチキン」Special Malaysian Whole roasted chicken with pulut
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。