イベント

マレーシアごはんの会Vol.2。マレーチャンduaにて開催しました

池袋でマレーシアの“ありえない”体験談披露

2011年7月30日(土曜)、マレーシア・ラブの18人が集まり、池袋のマレーチャンduaにて、マレーシア料理の決定版☆バクテー☆に舌鼓をうちました。集まったのは、マレーシア在住経験者、マレーシア好き13年のツワモノ、マライヤ大学卒業生、8月、9月と2カ月続けてマレーシアに旅行(いえ、旅行ではなく帰る、と言っていました)する人など、ディープにマレーシアを愛する人たち。そこにタイガービールとサテが加われば、気分はすっかりマレーシア!

まず、マレーチャンduaオーナーの福澤ママより、マレーチャン創業のきっかけや、ママとマレーシアとの深い関わりが語られます。

ママ、という呼び名は日本に留学するマレーシア人がそう呼ぶから。彼女はマレーシア人のママのような存在なのです。18年前、福澤ママがマレーチャンを立ち上げたきっかけは、日本に留学してきたマレーシア人がお金を稼げる場所を作ってあげたかったから。イスラム教徒であるマレー系のマレーシア人が働けるよう、日本で初のハラル認証レストランを創業。ここから、ママとマレーシアの濃い関係が始まったのです。

今に至るまで、いろいろあったそうです。18年前ですから、マレーシア料理はさることながら、アジアン・エスニック料理というジャンルさえ知られていなかった時代。そのなかでマレーシアに何度も足を運び、マレーシアの本場の味を伝えようと努力を積み重ねてこられた。わたしはマレーシアに住んでマレーシアを知ったけど、日本に住みながら、マレーシアに力を注いでいらしたんだなぁ…と。その姿に胸がじーんとしました。

そんなママの思いがこめられた料理が次々に登場。

左より。サテとムルタバ。手前はアチャールとポピア。ピーナッツソースをたっぷり絡めて大ぶりの鶏肉のサテ。ムルタバは薄いパイ生地のなかに、カレー味のそぼろ鶏がひそんでいます。アチャールは酸っぱすぎず、いい具合に浸かっていて、箸休めにぴったりのピクルス。生春巻きの皮で巻いたポピアは、砕いたピーナッツの食感が口のなかで弾けます。

これはビールがなくっちゃ!もちろんビールはタイガーです。そして野菜は、マレーシア料理で定番の空芯菜のブラチャン炒め。後ろに見えるのは、パリッと高温で揚げられたクロポ。魚せんべい、えびせんべいです。

そして、メインのバクテーが登場!

9種の漢方で4時間以上じっくり煮込んだバクテー。途中、丁寧に豚のアクを何度もとることで、クリアに澄んだ上品なスープになっています。この漢方スープに揚げパンを浸せば、スープをたっぷり吸った揚げパンの美味なこと!また、ご飯にスープをじゃぶじゃぶかけて、バクテースープのお茶漬けもたまらんです。

みんなバクテーに夢中。いや会話にも夢中。自己紹介をかねて、「マレーシアでありえない…!と思ったこと」を発表してもらいました。

すべて、個人の体験談です!

・猿に部屋を荒らされた ・すべてのドリンクが甘い ・鍵を車内に置いたままロックしてしまった。すると同僚が棒を巧みにつかって鍵を開けてくれた ・雷が落ちて、部屋の電気のスイッチが焦げた ・料理のジャンルが幅広い ・家の修理に来たはずなのに、さらに壊れた。そして「また来るからな」となぜか上から目線 ・何度注意してもスタッフが言うことを聞いてくれない。でも気付いたら妻も…。人間はそういうものだと悟った ・デンギ熱にかかった。処方は100プラス(清涼飲料水)のみだった ・外国人用のイミグレが混んでいたので、マレーシア人用のレーンに並んでもいい?と聞いたらOKしてくれた ・ゲリラ豪雨 ・税関で担当者ごとに言うことが違う ・前に並んでいた人の不注意でソフトクリームが服についた。それなのに、みな文句をいうどころか、テヘヘと笑った ・水あび用のタライに魚が住んでいた。それは虫を食べてくれる優れものらしい ・ムルデカの祭り、スピーチの長さに合わせて時計を調整 ・雷が落ちて信号機が壊れた交差点 ・病院での誤診 ・KTMの時刻表が無意味すぎる

おもしろすぎる…
やっぱり、奥が深いです。マレーシア。

そして次は、マレーシアにセカンドホームを申請されているキミエさんプロデュース、マレーシアクイズ!

img_0552

クアラルンプールのシンボル、ツインタワー。2本のビルが対になって建っているのですが、1本は日本、2本は韓国の企業が建てたもの。じつは韓国のタワーのほうがすこし高いため、2本をビルをつなぐスカイブリッジと呼ばれる橋は、41階と42階をつないでいるんですって。勉強になりましたキミエさん、ありがとうございます!

ワイワイとマレーシアを中心につながった時間。ほかほかに心が温かくなる、心地よいひとときでした。

アンケートに書いてくれた、マレーシアといえば?という答え。

みんな違って、それでいい。

だから心地いいんですね。(音)

関連記事

  1. 屋台祭り(終了)8月21日(日)「夏だ!カレー2種にロティチャナ…
  2. マレーシア文化講座Vol.10(終了)「国民食ナシルマの塗り絵レ…
  3. マレーシアごはんの会Vol.1。マレーカンポンにて開催しました
  4. 食事イベントVol.28(レポート)2月17日(土) ヤ~ムセ…
  5. 【満員御礼】アジアごはん・パラダイス 4か国食べ比べ
  6. マレーシアごはんの会Vol.8。大地の木でハリラヤ祭り
  7. 屋台祭り(終了)9月25日(日)「チキンライス祭り~3種のチキン…
  8. 人の言葉、人の笑顔。それらはじぶんが思っている以上にパワーがある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 8月26日(日)「マレーシア料理の基本、ナシレマッ。チキンルンダン付き」Nasi Lemak with Rendang Ayam
  2. 9月1日、2日「マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest」ごはん、雑貨が横浜に集合!バティック色付け、サペ演奏もあります。Malaysia food event in Yokohama, entrance free 雨天決行!室内です
  3. アジア料理No.1の呼び声高い「ルンダン」を食べにいざ荻窪へ!
  4. 屋台祭り 7月29日(日)(終了)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  5. マレーシアごはんツアー2018年10月(申込み受付中)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  6. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  7. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  8. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  9. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  10. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。