オランマカン(食べる人)

People 小川ハニサさん 日本で暮らすマレーシア人の食生活

マレーシアに住んでいたときは、百花繚乱のマレーシア料理を心ゆくまで堪能していた私。でも、ふと疑問が湧きました。日本に住んでいるマレーシア人はどんなご飯を食べているのだろう……?早速、日本に住んで18年のマレーシア人ハニサさんにインタビュ~。(2011年10月7日)


「昔は近所のニワトリをもらって、先輩がえいっ!と」

音: 日本にいらしたきっかけは?

ハニサさん: マレーシア政府のルック・イースト(※マハティール元首相が提唱した政策。西のヨーロッパではなく、東の日本や韓国を見よ、として、日本への留学や日本企業の誘致を積極的にサポートした)政策の一環で、新潟の大学に留学しました。この学校には、多い時期で40人くらいのマレーシア人の学生がいましたよ。最初の1年は、日本語に非常に苦労しました。留学前にマレーシアのマラヤ大学で2年間日本語の勉強をしましたが、新潟の方言やイントネーションはまったく教わっていなかったので(笑)。ひたすら聞き取り専念し、2年目からはなんとか。今年で日本に暮らして18年。主人は日本人で、息子2人、娘1人の5人家族です。(写真は、ハニサさんと娘さんのアイミさん)

音: ハニサさんはマレー系マレーシア人(※イスラム教徒。豚肉・酒は禁止、ハラルにのっとった肉のみ食べられるなど、宗教上の食のルールがある)なので、日本での食事は大変でしたか?

ハニサさん: 日本に住み始めた頃はハラルのお肉が手に入りにくくて。月1回、友人と共同で神戸の業者から取り寄せていました。また、生きているニワトリを近所の方から分けてもらって、自分たちでさばくこともありましたね。

音: すごい!ニワトリがさばけるのですね。

ハニサさん: カンポン(田舎)出身のムスリム(イスラム教徒)は、ほとんどできますよ。自分たちで解体すればハラルなので、おいしく食べられますからね。ただ日本では、自分でニワトリをさばいて食べる、という概念が無いので、知らない人からは怪しがられました。聞いた話ですが、昔、神戸に住んでいたムスリムが「どうしても神戸牛が食べたい!」となり、仲間を集めて神戸牛を1頭購入!自分たちでさばいて食べたそうです。でも今は、ハラルの和牛が購入できるようになったんですよ。

音: マレーシアハラルコーポレーションより宮崎産のハラル和牛が発売されたのは、ここ2~3年の話題ですものね。

ハニサさん: 和牛を食べたい、というのは、ムスリムの願いでした。昔の輸入のハラル牛肉は硬いばかりでおいしくないの。おのずと食卓には鶏肉ばかりが並び、子どもから「また鶏!」と文句を言われていましたから(笑)。

「ハーブは庭で育てています」

音: マレーシア料理二必要なハーブやスパイスはどのように手に入れていますか?

ハニサさん: スパイス類は御徒町のアメ横で買うことが多いかな。最近は、近所のアジア食材店でも調達できます。また、よく使うハーブは庭で育てています。レモングラス、こぶみかん(ライムの葉)、ラクサリーフ、カレーリーフ、パンダンリーフ、ペガガ、タイ産バジルは庭から調達します。

ハニサさん: 実は息子のアイニンは、マレーシア料理が苦手で(笑)。ココナッツミルクの味がダメなんです。ですので、わが家の料理は和食がほとんど。定番は、かぼちゃやサトイモの煮物、ひじき、お味噌汁。でも、日本の調味料を買うのは大変でした。よくチェックしないと、ドレッシングや調味料に豚エキスが入っているんです。日本語が読めないときは何も買えませんでした。マレーシア料理が恋しくなると、せっせと手作りします。ラクサ麺は乾麺で保存しておくより、食べたいときに手作りしたほうがおいしくて楽。先日はハリラヤのお菓子、クエゴヤンを作りました。

dsc_0029

星形が可愛い「クエゴヤン」。マレーシアの伝統的なお菓子で、右の型をつかって、生地を揚げる。パリッとした食感のせんべい、ほんのり塩味

お菓子作りが得意なハニサさん。ハリラヤ(断食明けのお祭り)用のお菓子も手作り

「吉野家でも注文はウナギ」

音: 外食で苦労されることは?

ハニサさん: 小学校の給食ですね。子どもたちもムスリムなので、メニューをしっかりチェックして、お肉が出るときは、替りのお弁当を持たせています。でも突然メニューが変わったときは大変。「母ちゃん、今日食べれなかったー。腹減ったー」と怒りながら帰ってくるときもたまにあります。

音: 旦那さまも豚肉禁止?

ハニサさん: はい、そうです。もし食べたら、臭いで分かりますからね。ハラルとは関係ないのですが、最近やっと彼がタバコを辞めてくれて、感謝!だって、もし1年タバコを吸わなかったら、メッカに行けるくらいのお金を遣ってましたもの(笑)。

音: 外食はお魚中心ですか?

ハニサさん: 外食するのは、おもにお寿司屋さん。マグロのトロが大好き!魚系であれば問題ないので、吉野家でもウナギを食べます。日本の食事で苦労した、と思うことはあまりないんです。マレーシアのスパイスが買えないことも多いのですが、実家に帰ったときに調達したり、適当に自分で作れますし。臨機応変に対応すれば、大丈夫。今、食べたいマレーシア料理はね、アパンバリ!皮がパリパリで、中にコーンやピーナッツの餡が入っています。マレーシア料理はほとんど作れるのですが、これは機械が無いと作れなくて。あ~!食べたくなってきました!

音: 私もです!食べたくなってきた~(笑)。日本の生活をしなやかに楽しんでいらっしゃるハニサさん、ステキです。今度ぜひマレーシア料理を教えてください!

関連記事

  1. People 橘雅彦さん 元JADプログラム教員
  2. People アイズディーンさん 日本デビューの歌手
  3. People 三浦菜穂子さん マレーシアの達人
  4. People アドゥ・アムランさん マレーシアを代表するセレブシ…
  5. People 志岐文子さん 元・青年海外協力隊
  6. People 井上昌夫さん 元・青年海外協力隊
  7. People 戸加里康子さん 『指さし会話帳マレーシア』著者
  8. People 中島直樹さん 元・青年海外協力隊

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。