ごはん&麺

ルイ茶

Lui Cha 擂茶 

客家(ハッカ)発、ベジタリアンのお茶漬け

野菜不足を感じたときに。オンリーベジ料理

インゲン豆、四角豆、ピーナッツ、豆腐など野菜や豆類をごはんにのせ、そこに緑色の汁(写真左奥)を注いで食べる客家料理です。「マレーシア版お茶漬け」とよくいわれますが、お茶としてたとえられている緑汁の味は、けっこう強烈。ベースの味はミントで、そこにバジルなどの生ハーブがすり潰されています。野菜のみでつくるので、西洋のスープのようなコクはありませんが、お茶よりはかなり味が濃く、塩気も効いています。それに、今でこそ慣れましたが、ごはんが緑に染まるのはいささか奇妙で、もちろん食欲をそそる色ではありません。しかし、このルイ茶には熱烈なファンがいて、わたしもそのひとり。具が野菜と豆類のみというヘルシーなところ、ピーナッツや四角豆で表現されている食感の広がり、さらに「ルイ茶が好き」という通っぽい達成感も理由かと。ルイ茶の緑汁をパウダーにしたルイ茶ドリンクもあり、在馬時代は愛飲しておりました。

Memo
屋台のルイ茶は、写真のように具がご飯の上にのった状態で運ばれてくる。それに対して、客家レストランで提供されている高級ルイ茶は、具がそれぞれ別皿で運ばれてくる。

Photo
ククアラルンプール、クポンのホーカーストア、4リンギット、2009年

関連記事

  1. クレイポットチキンライス
  2. フィッシュヘッドカレー
  3. マンゴーロー
  4. チャークイティオ
  5. サテー
  6. ペナン・アッサムラクサ
  7. ビーフヌードル
  8. ナシゴレンパタヤ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。