ごはん&麺

粥(広東系)

Porride Canton 

暑い日は立ちくらみに注意。熱々トロトロの土鍋粥

ホッとひと息つきたいディナーがベスト。夜食で食べても胃にやさしい

ひとり用の土鍋で調理され、熱々に沸騰したまま、土鍋ごとテーブルに運ばれてくる粥。米粒がないほどトロトロに煮込まれていて、具は豚団子、豚ホルモン、牡蠣、ピーナッツ、ピータンなどから好みで2~3種選びます。食べても食べても減らない量の多さなのですが、胃もたれは一切無く、かならず2時間後にはお腹が空くというのが、粥マジック。消化がとてもいいのです。ただ……、粥は大好物なのですが、マレーシアの屋外の屋台で食べるには、暑い、暑すぎる!気温33度、扇風機が気持ち程度に回ってはいますが、ほとんど無風。そのなかで熱々の粥を食べるという過酷な試練。しばらくすると、体の中も外も熱くなってきて、ひどいときには座っているのに立ちくらみのような症状になり、まさかの粥を食べながらのプチ熱中症……。そんなとき、涼しい表情で粥をハフハフと口に運ぶマレーシア人を見ると、負けたわ、と心底思います。

Memo
粥は夜食としてもよく食べます。夜10時過ぎに、5歳くらいの子供から父ちゃん、母ちゃんまで、家着姿で粥屋台に集まる家族を何度も見たことがあります。

Photo
ククアラルンプール、クポンのお粥専門屋台、具を好きに選べて5リンギット、2009年

関連記事

  1. ナシゴレンパタヤ
  2. バクテー
  3. カヤトースト
  4. チキンライス
  5. ナシカンダー
  6. ビーフヌードル
  7. チーチョンファン(KLバージョン)
  8. ダックライス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。