おやつ

ナシレマ三角

Nasi Lemak Bungkus 

持ち運びできるマレーシア版おにぎり、ピリ辛ソースあえ

小腹を満たしてくれる軽食。屋台のテーブルの上に置いてあるが無料ではない

朝ごはんの定番、ナシレマッ。直訳すると「脂肪ご飯(ナシ=ご飯、レマ=脂肪)」という強烈な名前ですが、ご安心ください。炊飯する際、水にココナツミルク(=脂肪)を加えて炊いたごはんのことで、ダイレクトにご飯が甘いわけではなく、噛むごとに香りのある甘みとうま味が広がる南国らしい料理です。ちなみに、このナシレマッこそ、マレーシア人が好む自国の料理No.1。国民的メニューです。さて、マレーシアを旅したことのある方、屋台やお菓子コーナーに、写真のような三角の物体が置かれているのを見たことはありませんか。これは、バナナの葉っぱに包まれた持ち帰り用のナシレマッ。包みを開くと、ゆで卵、油で揚げた煮干し、キュウリ、そして激辛のサンバルソースといった、ナシレマッになくてはならないおかずがご飯の上に積んであります。ホテルに持ち帰って食べてもいいし、その場で広げてもいいのですが、ここでひとつ注意。ナシレマッはパラパラとしたインディカ米なので、おにぎりのようにぎゅっと固まっておらず、片手で手軽に食べることはできません。そして、包みをきちんと広げなければ、激辛サンバルが一か所にかたまったままで非常にほぐしにくい。すくなくとも50センチ四方はしっかり確保して、包みをちゃんと広げることをおすすめします。つまり、軽食ではあるけれど、スナック感覚で食べ歩く、なんてことはできません。

MEMO
さらに、食べ終わっても気を抜かないように。包んでいたバナナの葉っぱを捨てるとき、慎重にいきましょう。くるっとひっくり返って、油たっぷりのサンバルが服にべっとりついたら、それは悲劇(体験談)。

Photo
クアラルンプール、イポー中心地のフードコート、1.5リンギット、2016年

関連記事

  1. ワンタンミー(ドライ)
  2. ピーナッツトンスイ
  3. ヨントウフ
  4. イポーヌードル
  5. バビロティ
  6. 豚チャーシュー
  7. クエラピス
  8. チーチョンファン(KLバージョン)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 屋台祭り 7月29日(日)(満席・キャンセル待ち受付中)「夏にぴったり。マレーシアの青いサラダごはん」Nasi Kerabu
  2. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  3. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  4. 屋台祭り(終了)レポート 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Laksa Sarawak
  5. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  6. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  7. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  8. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  9. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  10. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。