ごはん&麺

チーチョンファン(KLバージョン)

Chee Chong Fun 豚腸粉

姫の肌のように真っ白で艶のある蒸し麺

クアラルンプールのチーチョンファンは味噌味&カレー味

チーチョンファン。同じメニュー名でも、クアラルンプール、ペナン、そして香港飲茶のメニューで見かけるものはすべて別物です。ここで紹介するのはクアラルンプールでよく見かける(わたしがよく食べていた)チーチョンファン。麺の本数を選び、好きな具を選び、カレー系のソースか、赤味噌のような甘辛いソースをかけて食べます。この麺、食感がかなり特徴的。ツルン、ムニュッとしたやわらかさは、キメの細かい白玉団子みたい。米粉を水で溶き、正方形型に薄く伸ばして蒸して、それをくるりと丸めて筒状にしてカット、とたいへん作るのに時間のかかった麺なのです。こんなすばらしい料理にも関わらず、丸めた形が豚ちゃんの腸みたいだからと、この名前が付けられているのがなんとも、マレーシアらしい。ちなみに、いつも食べていた屋台のおばちゃん、日本に住んでいたことがあり、毎回カタコトの日本語で話しかけてくれました。わたしにとってのチーチョンファンは、あのおばちゃんの笑顔がセットになっています

Memo
クアラルンプールのチーチョンファンは、さつま揚げに似た魚のすり身を具に入れる。きっと、さぬきうどんのように生姜醤油で食べてもおいしいはず。

Photo
クアラルンプール、クポンのホーカーストア、5リンギット、2009年

関連記事

  1. ペナン・アッサムラクサ
  2. イポーヌードル
  3. 亀ゼリー
  4. ナシチャンプル
  5. 点心・飲茶
  6. ローミー
  7. ダックライス
  8. チェンパダ・ゴレン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マレーシアごはんツアー2018年10月(早割開催中★)「ボルネオ島の美食の町。ラクサ、黒胡椒料理、おうちご飯まで」Food tour in Kuching
  2. インタビュー 音楽には国境がない。言語が違っても、心にとどく
  3. 屋台祭り(満席・キャンセル待ち受付中) 6月24日(日)「希少度No.1。ボルネオ島の美味なるラクサ」Sarawak Laksa
  4. レポート。YCC Temporary 北澤潤 “ネイバーズ・ランド”
  5. レポート「ハレからケの料理まで」マレーシアごはんツアーinマラッカ レポート
  6. マレーシア文化通信【WAU_Vol.16】ボルネオ島特集号を発刊
  7. レポート。イオンにてマレーシアフェアのトークショーを担当
  8. レポート。葛飾区にてマレーシア食文化レクチャーを担当
  9. アジアごはんズVol.5(終了)。レポート「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」
  10. 屋台祭り(終了) 5月27日(日)「ヘルシー派のあなたに。マレーシアのベジ料理、ルイ茶」Malaysian Lui Cha
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。