ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. レポート。アジアごはんズVol.7終了「4ヵ国の麺食べ比べ」
  2. 春節のお祝い料理「イーサン」(終了)。2019猪年の福を願おう!…
  3. ロイさんとチャーさんが教えてくれたこと
  4. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2016年11月
  5. ホテル情報。マレーシア初の「オートグラフ・コレクション」加盟ホテ…
  6. アジアごはんズ「唐辛子タレ食べ比べ」開催レポート
  7. びっくり食体験 骨のありがたみ
  8. チキンライスの現場で歴史を刻む職人魂

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 募集中!ドリアンの感想紹介! 8月30日・常夏の国マレーシアの人々に会いに行く!オンラインツアー。応援セットにナシレマッ、ドリアン、なまこが登場!
  2. レポート。オンライン・屋台祭り(終了)「カヤトースト・オンライン・イベント」Jom makan Kaya Toast at each home
  3. 連載中! タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.03
  4. プトゥ・マヨン
  5. カヤジャムのレシピ 2バージョン
  6. 連載中! タンマリのマレーシア家族のごはん Vol.02
  7. 三越伊勢丹のお中元2020にハラールセレクション。おすすめはチーズタルト
  8. 【販売終了】期間限定でカヤジャム販売! マレーアジアンクイジーン渋谷店にて now on sale KAYA jam
  9. ポスター制作しました。あなたの #思い出のマレーシアごはん 
  10. podcast【マレーシア情報】オトとジャンナのMトーク 更新
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。