ジャーナル

びっくり食体験 フルーツに茶色のソースを…?

マレーシアでは、生の果物にいろんな味付けをして楽しむ。

 

茶色の粉をシャカシャカ。

青いグアバやグリーンアップルなど、甘くないシャキシャキのフルーツには、酸っぱいタマリンドの粉や砂糖、塩をまぶして食べる。現地では「アッサムパウダー」等と呼ばれている。あと味さっぱりで、熱い気候に合う。この茶色の粉は、スーパーで購入も可。

ピリ辛ソースがとろりん。

パイナップル、青マンゴー、青パパイヤなどのフルーツに、タマリンドとブラチャン(えぴペースト)でつくる甘じょっぱソースをかけて食べるのも人気。混ぜこぜという意味の「ロジャ」という名前の料理(写真協力、聖子さん)。正直、このソースの味が強烈で、はじめて食べたときは、なんじゃこりゃー。今まで「果物を食べる」というは、上品でヘルシーなイメージだったのですが、こんなにも主張の強い、圧を感じる、果物の食べ方があったとは。フルーツそのもの味というよりも、ほのか~広がる甘酸っぱさと食感を味わう程度。

完熟前の青いマンゴーに塩、または砂糖をつけて食べるのも一般的。 

結論。そのまんまのフルーツでいい。

日本人はフルーツを甘くするために品種改良に品種改良を重ねた。マレーシア人はそのまんまのフルーツを食べやすくするために、様々な調味料を開発した。マレーシアで、マンゴーがたったの30円で売っているのはこのためなのかも。

 

関連記事

  1. 東京・祖師ヶ谷大蔵 「心はマレーシア」が合言葉のオリジナル料理
  2. 「ガーデンクリニック広尾」体験レポ。英語も日本語も対応可のマレー…
  3. マレーシアの飲茶文化について、ペナンの大東酒樓で考えた
  4. フィッシュヘッドカレー
  5. アマゾン販売中! 本『ナシレマッ!』出版のお知らせ releas…
  6. People 志岐文子さん 元・青年海外協力隊
  7. dancyu, Feb2017号で、シャングリ・ラ ホテル東京の…
  8. 「4か国食べ比べ。アジアごはんズ・パラダイス」ごはん会レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 料理教室(終了)おもてなしハニーローストチキン「Malaysian cooking class, Honey Roasted Chicken, Butter Prawn」
  2. 屋台祭り(終了) 12月10日(日)「鶏の特製ミルク炒めとマギーゴレン」Malaysian kopitiam festival, Maggi Goreng and Ayam Butter Milk
  3. 週刊ジェイスポ、ごはんニュース2017年9月
  4. ANAより、期間限定でマレーシア行き新運賃発表!
  5. ツーリズムEXPOジャパン2017にて。おすすめのマレーシア旅
  6. アマゾン販売中! 本『ナシレマッ!』出版のお知らせ released a book ‘NASI LEMAK’
  7. 「マレーチャン」(池袋)に新メニュー!さらに、元国民的アイドルの福田明日香さんがアンバサダーに就任 MALAYCHAN at Tokyo just offered TEMPE menu.
  8. 屋台祭り(終了) 11月5日(日)「ロジャとビーフン炒め」Malaysian kopitiam festival, Rojak, Mee Siam and cekodok
  9. アジアごはんズ(終了)10月28日(土) 「4か国食べ比べ カレー・パラダイス」
  10. レポート。マレーシアごはん祭りMalaysia Makan Fest 2017
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。